Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

アラビアのロレンス~映像美と音楽に酔う

今年の「大阪ヨーロッパ映画祭」のオープニングイベントが
僕の待ちに待った、映画「アラビアのロレンス」のニュープリントの
プレミア上映。

会場のリサイタルホールは人だかりで熱気ムンムン。
開始も30分遅れるわ、終了時刻もかなりオーバーしましたね。

でも、大満足でした。

c0033213_3232516.jpg


あらすじ・

「ロレンス」の出現は20世紀の事件であった。
第一次世界大戦下、ドイツと手を組んだトルコ帝国の圧政下に
あったアラブの独立に燃えたT.E.ロレンスは、
独自のゲリラ隊を指揮し、アラブの救世主と称えられるようになる。
しかし、やがて英国軍上層部に利用されていたことを知る。
そして、味方と思っていたアラブ人たちもまた青い目、
白い肌のロレンスを裏切っていくのだった…。
(Amazon.com)

冒頭の黒いスクリーンに音楽だけが流れる。
昔のハリウッド映画を見るとお馴染みのものですが、
いかに音楽が映画で重要なのかを再認識。

ロレンスの死から始まり、やがて砂漠の世界へ。
この砂漠の映像が綺麗なんですね。
ロレンスが砂漠にひきつけられたのが分かる気がしますね。
「死」をもたらす怖いものだが、「美」がある。

イギリスの軍服から、アラブ人の姿に変わるロレンス。
青い目の白い肌のロレンスはアラブ解放を目指す英雄として、
アラブの各部族から大いに歓迎される。
自身も英雄ぶりに酔う。

やがて、自分のしていること、自分が利用されていることに
気づき、戸惑い、空虚になるロレンス。

前半がアラブの世界、砂漠に魅せられた英雄ロレンスの
姿を描くなら、後半はその英雄としての姿勢、政治の世界に
傷つくロレンスの姿が描かれているのではないでしょうかね?

音楽はモーリス・ジャール。
このオープニング・イベントの為に来日され、
生きる伝説とした音楽家をこの目で見てきました。
最初のデビット・リーン監督との仕事。
今でも誇りに思われているようでした。

映画中に何度となく流れる曲は、本当に聞いていて
素晴らしかった。

この音楽があるゆえに、この映画の評価も高いのでしょうね。
今年デビット・リーン監督、生誕100周年ということで、
ニュープリント版が上映になりました。

東京では12月20日から公開とのことですので、
なかなか映画館で見れない映画ですので、ぜひとも
ロレンスが見せられた砂漠の世界に浸って下さい。
そして、モーリス・ジャールの音楽に涙してください。


経済評論家の佐高信さんの生涯ベスト1のこの映画。
ロレンスの「運命などない、自分で切り開くもの」
このセリフが耳に残ります。
[PR]
by fyamasan | 2008-11-22 03:31 | 映画 | Comments(0)