Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ブラッド・ワーク~老いてもなお、いい男、C・イーストウッド

今年のアカデミー賞は本命のレオ様は
取れずじまいでした。
変わって70歳を過ぎてさらに
パワーアップしている
C・イーストウッドの
「ミリオン・ダラー・ベイビー」が
作品賞、監督賞を取りましたが。

c0033213_1624565.jpg
今日、紹介するこの映画
「ブラッド・ワーク」はもう2年ぐらい
前の映画になると思います。
正月映画として公開されましたが、
年越せず見事に撃沈した
映画でした。
(興行的には大失敗)

C・イーストウッド扮するFBI犯罪
心理分析官は、連続猟奇殺人鬼を
追っていましたが、持病の心臓病により、
あと一歩の所で見失い、その後、リタイア。
そして、心臓手術を受けて、
のんびりと過ごしていました。

ある日、一人の女性が訪れてきました。
彼女いわく、「犯人を見つけて欲しい」。
彼女の妹が殺されて、その心臓が
あなたに使われた。
よってあなたは犯人を探す義務があると。

c0033213_16413020.jpg

彼女の依頼に応じて彼は犯人探しを
始めますが、、、。
この映画、心臓がキーポイントです。
なぜ、彼の心臓が都合よく手術出来たのか?
なぜ、妹は殺されなければならなかったのか?

映画を見て、犯人は誰か、そして
その動機に驚愕して下さい。
何とも不条理な話でありますが、
人間の深層心理といいますか、
色々と考えさせられます。

ハラハラドキドキもあるし、内容もあるし、
何よりC・イーストウッドに痺れます。
男の色気が充満しています。
ここまで書いたらもう見るしかないでしょう?
[PR]
Commented by 3month at 2005-03-08 20:59
メチャメチャ見たくなりました〜!それにしても映画評論家として食べていけそうな解説ぶりですねっ。スゴイ!
Commented by washan at 2005-03-08 22:33 x
「ブラッドワーク」というのは「血の仕事」と訳せばよいのでしょうかねぇ。それともなんかこれで一つの言葉で何か意味があるのでしょうか。映画って日本で上映されるときには直訳ではない題名がよくつけられますよね。僕がびっくりしたのは「摩天楼はバラ色に」という映画の本当の名前は「Secret of my success」なんですよね。えらい違いです!!
Commented by やまさん at 2005-03-09 23:04 x
>3monthさんへ

有難うございます。
ぜひ、ご覧下さい。そして「そうだったのか」と、人間の醜い面が
浮き彫りになっています。
これ以上は書けません。
Commented by やまさん at 2005-03-09 23:08 x
>washanさんへ

確かに邦訳のいいのは少ないですね。
何でもカタカナに変えればいいという感じもします。
「摩天楼は~」も本当に全然違いますからね。
「え~~~」という邦訳もありますが、配給会社は頭ひねって
るんでしょうけど。
by fyamasan | 2005-03-08 16:43 | 映画 | Comments(4)