Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

グラン・トリノ~男の中の男だよ!

御年78歳ながら、自身の映画では最高のオープニング(全米)を
飾ったクリント・イーストウッドの「グラン・トリノ」、
早速、見てきました。


主演、出演作としては、「ミリオン・ダラー・ベイビー」から
4年近く経っていますし、クリントいわく、「役者として最後の
映画」、かなり気合が入っていました。


映画「グラン・トリノ」

c0033213_537353.jpg


あらすじ:
妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト
(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を
引退して以来単調な生活を送っていた。
そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうに
なったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオ
(ビー・ヴァン)と知り合う。
やがて二人の間に芽生えた友情は、それぞれの人生を
大きく変えていく。
(シネマトゥデイ)


観客層はやはり高め。
上映後には泣いている方もいれば、拍手を送る方も。
イーストウッド、最後の主演作ゆえに、僕も涙がすこし
こぼれた。

過去の自分の行為を許せずに、心を閉じてしまった
孤独な老人。唯一の理解者の妻が亡くなったので、余計に
孤独を感じてしまう。
息子ともきちんと向き合いたいが、その方法が分からない。

差別発言や悪態をつくのも、その裏返しかも知れない。

c0033213_538167.jpg


こんな男が隣に住む、モン族との青年と交流を深め、
閉じていた心を少しずつ、開けていく。
特にモン族の祈祷師に心を見透かされるシーンや若き神父との
対話もなかなか興味深いです。


この映画、色々注目所が多いのですが、隣に住むモン族の
タオ、スーを演じた二人は共に、これで映画デビュー。
デビュー作とは思えない演技者ぶりでしたね。

あと、前作の「チェンジリング」も内容は重かったですが、
この映画、愛すべきイーストウッドの魅力満載で、
くすくす笑えるシーンも多く、映画館が柔らいでいましたね。


タイトルにもなった「グラン・トリノ」も映画に出てきます。
72年型のピカピカにしている大事な車。
フォードの自動車工場で長年働いてきた、男の誇りと意地が
この車に集約されているようにも思います。

c0033213_5384787.jpg


普段はほとんどパンフは買いませんが、これは買いでしょうかね。
新藤兼人さんの寄稿や、イーストウッド映画の集大成的な
内容になっていますので、イーストウッドをあまり知らない方にも
オススメであります。


男が最後にとった行動とは?
男の進むべき道とは?


ぜひとも、映画館でお確かめ&楽しんでください!
[PR]
by fyamasan | 2009-04-30 05:37 | 映画 | Comments(0)