Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

アンティーク~西洋骨董洋菓子店

あんまり期待しないで見に行くと、意外と掘り出し物に
当たる事がありますね。

この映画もそれでした。
ほぼ期待せずに見てましたが、
「あれ、これ、めちゃめちゃ、面白いやん!」


久々の韓国映画の紹介です。


映画「アンティーク~西洋骨董洋菓子店」

c0033213_5303087.jpg


あらすじ:
甘いものが苦手なジニョク(チュ・ジフン)は、
突然会社を辞めて洋菓子店アンティークを開店する。
働く店ごとに恋愛トラブルを起こしてきた天才パティシエ、
ソヌ(キム・ジェウク)をはじめ新たな仲間も加わり、
忙しくも楽しい毎日が始まった。
ソヌの作るスイーツに多くの人が魅了されてゆく中、
町では連続誘拐事件が発生する。
(シネマトゥデイ)

よしながふみの人気漫画「西洋骨董洋菓子店」の
映画化であります。
TVドラマ、アニメとなっていたようですが、僕は全然
知りませんでした。


あらすじだけ読むと、イケメンが出てきて、ラブコメ
みたいな感じかなと思いますが、これ違うんですね。

実は、ジニョクが洋菓子店を開いた訳は、ただ彼女が
欲しい、モテタイだけではなく、きちんとした理由が
あるんですね。
これが連続誘拐事件と絡んでくるわけでして、この
あたりは詳しくは言えませんが、なかなか奥が深いですね。

c0033213_531811.jpg


表面が洋菓子店のドタバタ・ラブコメで、裏面が
連続誘拐事件に絡む物語が進んでいきます。

こういう展開もあるんだなあと感心した次第ですね。

また、映画に出てくる、魔性のゲイ、天才、パティシエの
ソヌが作るスイーツにも注目ですよ。

「うわあ~、めちゃめちゃ美味そう」
「めっちゃ、食べたい~!」

綺麗で本当に美味しそうです。

前にファンダン・ショコラを作った時も、食べた時は
至福でしたね。

あ、そうそう、皆さんはケーキを食べる時はどんな時でしょうか?

この映画では「幸せな時に人はケーキを食べるんだ」
なぜなら、それは、、、、。

この答えは、映画で。


もう劇場公開も終わりかけ?かな?
機会があれば、ぜひとも!
[PR]
by fyamasan | 2009-05-18 05:31 | 韓国映画 | Comments(0)