Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

大阪物語~追悼! 市川準監督

大阪は十三で今、特集されています、
市川準監督の追悼特集。

30日は初日であり、監督夫人や研究会の
人の舞台挨拶もあり、盛況な劇場となりました。

あの池脇千鶴のデビュー作

映画「大阪物語」

あらすじ
中学2年の若菜の両親は、・はる美&りゅう介・という
売れない夫婦漫才師。ふたりのネタはいつも
ワンパターンで、若菜と10歳になる弟の一郎は
両親の真似をしてはご近所さんを喜ばせている。
そんな一家4人、決して裕福な暮らしではないが
幸せな毎日を送っていた。
ところがある日、隆介が妙子という20歳も年下の女性を
はらませてしまった。これまでも夫の浮気を大目に
見てきた春美ではあったが、今回ばかりは堪忍袋の緒が切れた。
漫才師としてのコンビは解消しなかったものの、
夫婦としてのコンビを解消する春美。
(qooより)

もう10年前の映画になるんですね。
十三のゴテゴテして町並みや今ではないフェステバル・ゲートが
映っていたりして、懐かしさと寂しさを映像から
感じ取ってしまう。

この映画は池脇千鶴が出ているということで、
ほぼ成功だったのでは?
14歳という多感な時期の女の子、春菜をこれでもかと
いうぐらい、まっすぐに演じていますね。

沢田研二、田中裕子の夫婦役も良かったし、ミヤコ蝶々さんが
出てくるのも嬉しいですね。
久しぶりに蝶々さんの映像を見たような気がします。
蝶々さんが出てきたら、何か場面やその場の雰囲気が
一度、しっかりと締められる、そんな気が前からして
ましたが。

また、主題歌が尾崎豊の「風にうたえば」
これが泣かせる。
17歳の時の音源を持ってくるところが、憎い演出だ。


失踪した父を探して大阪の街を歩く春菜。
父と関係のありそうな場所、人たちを訪ねていく。
そこで、意外な父の素顔を知る。
これも、またロードムービーのような印象を受けますね。


脚本が犬童一心。

この映画はまだDVDになっておりませんが、
DVD-BOXが出るかもしれませんね。

大阪生まれではない市川準が撮った大阪の町。
皆さんの目にはどう映るでしょうか?
[PR]
Commented by ケンけんP at 2009-06-07 19:45 x
先日、タイ映画の チョコレート・ファイター を見に行ってきました
最近のアジア映画は本当に見せる映画が増えてきました
この作品で最も感心したのはアクションシーンが最も売りなのですが、私は音と映像の一体感(音楽や効果音の入れ方と合わせ方)がスゴイと思いました
今度はこの作品の日本での対抗作品(?)とも言える ハイキック・ガール も見ようかと思っています(ハイキック・ガールは大阪では十三の第七藝術劇場で上映される予定だそうです)
Commented by fyamasan at 2009-06-10 04:01
ケンけんPさんへ

「チョコレートファイター」
まだ見れていないですが、近く見に行く予定です。
「マッハ!」の監督ですべてリアルにしているのが、予告編を
見ても伝わってきましたね。
音と映像の一体感も気にしながら、見たいと思います。
「ハイキックガール」も見たいですね。
by fyamasan | 2009-05-31 07:35 | 邦画 | Comments(2)