Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

いけちゃんとぼく~大事な何かを


絶対泣ける本ー堂々の第1位の「いけちゃんとぼく」の
完全映画化ということで、見に行きました。
久しぶりに満員の映画館を経験しましたね。

映画「いけちゃんとぼく」

c0033213_3255675.jpg


あらすじ:
いつのころからか、いつも一緒に過ごしているよしお
(深澤嵐)と謎の生き物いけちゃん。
山登りや虫取り、友だちとケンカしたりするとき以外にも、
熱が出たときには看病したりと、いけちゃんはいつも
よしおのそばに寄り添い彼を見守っていた。
やがて、よしおが成長して少年時代が終わろうとするころ、
いけちゃんの姿が見えなくなってしまい……。
(シネマトゥデイ)


映画を見ていて、自分の子供の頃を思い出し、
「自分にはいけちゃんがいたのかなあ?」と
ふと考えた。

子供も見に来ていましたし、女性も多かったです。
でも、これは30代以上の男が一番、グッと来るんじゃ
ないでしょうかね?

何とも不思議な映画。
映画と呼べるのか?
そんな思いもしながら見てました。
主人公のエピソードも、「まあ、あるある」と思いつつ、
いったい、いけちゃんって、何者なんだ?

ラスト近くに、
・いけちゃんの正体、
・なぜいるのか? など
色々と分かってきます。

c0033213_326309.jpg


分かったとたんにジーンときちゃいましたね。


愛の奇跡と申しましょうかね。
これ以上は言いますまい
映画館でお確かめくだされ。


脇を固める、ともさかりえ、モト冬樹が良いですね。
ナイナイの岡村も出てますよ。

いけちゃんの声を担当するのが、蒼井優。
声優やらしても上手いですね、彼女は。
流石です!


子供時代の何かを探せるかもしれませんよ
[PR]
by fyamasan | 2009-06-27 03:26 | 邦画 | Comments(0)