Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ココ・シャネル~凛とした女性

もうすぐオドレイ・トトゥ版の「ココ・シャネル」が
上映されますが、まずはシャーリー・マクレーン版の
「ココ・シャネル」を見てきました。

シャネルといえば、ハイヒールのももこが好きだったり、
女性に人気のブランドぐらいの知識しかなかったので、
シャネルがどんな人生を送ったのか?
興味を持ってみることが出来ました。

c0033213_2292294.jpg


あらすじ・
1954年、パリ。
空白の15年を経て、復帰コレクションを用意した
ココ・シャネルのオートクチュール店にはたくさんの評論家や
顧客が詰め掛けていた。
しかし、コレクションは不評に終わり、落胆するココと、
ビジネス・パートナーのマルク・ボウシエ。
ココは、孤児からお針子となり、デザイナーとしての
地位を築いた日々を回想する。
(QOO)

まずはシャーリー・マックレーンの存在感溢れる演技に
やられましたね。
一見すると我儘な発言かなと思われますが、彼女が歩いて
来た道を知る人は、それが彼女だからこそ言えることであって、
生きてきた中で出た言葉だと思うでしょう。

孤児院の出身ということから、父や母の愛に飢えていた
少女時代。
針仕事が得意ということで、お針子になり、服装、
ファッションへのセンスを垣間見せる。

c0033213_2295122.jpg


お金持ちの将校に見初められ、落ち着いた生活を得るが
それも長く続かない。
その中で見つけた帽子への取り組み。
やがて最愛の人となる英国人ボーイとの再会から、
帽子からファッション業界へ入っていく。

幾度の失敗からも彼女は立ち上がり、ココ・シャネル
ブランドを確立していくが、最愛の人とは、、、、。


悲しげな表情を時折見せるも、彼女は凛とした女性。

「人が成長するのは傷ついた時よ」
強い意志を見せることで、敵を多くは作りもしたが、
生涯彼女を支えた人もいる。
人をひきつける魅力もかなりあったんでしょうね。

波乱万丈な彼女の生涯は2時間弱では描けきれませんが、
入門編のような感じで見るのはどうでしょうか?

各時代のシャネルの作品が見れるのも興味深いです。
帽子からスタートしたのが意外でした。

もし彼女が自分の意志を貫くことなく、普通の女性として
妻として生きていたら、どんな人生を送っていたのかあ?

夢に生きること、愛に生きること、どちらが大事なんだろうか?
どちらが幸せなんだろうな?

ふと感じました。

シャネルを見る目が変わりますね。
[PR]
by fyamasan | 2009-09-10 02:30 | 映画 | Comments(0)