Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

This Is It~さようならマイケル!

マイケル・ジャクソンが亡くなって、もう半年ほどに
なりますが、ようやく話題となった映画「This Is It」を
見てきました。

今週で上映も終了予定で、水曜日ということもあり、
朝から劇場は満員でした。

(映画は11月25日に見ました、あしからず)


みんなの心にマイケルの想い、メッセージは届いたのかな?

c0033213_412173.jpg


あらすじ:
2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、
突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。
照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、
唯一無二のアーティストとしての才能を復帰ステージに
賭けながら、歌やダンスの猛特訓は死の直前まで
繰り返されていた


やれ、代役がいるとか、薬漬けの人間があんなにも踊れる
わけないと、映画に関して批判的な意見も聞きましたが、
スクリーンにはまぎれもない、マイケルがいました。

リハーサル中に自ら指示を出し、色々と注文をするマイケル
ですが、そのセリフからの彼の人柄がにじみ出ていました。
何か指示した後、「分かったかな?これはLOVEなんだよ」と
付け加える彼の姿がとても印象深かった。

ここ数年のマイケルの奇行やスキャンダルが彼を違う存在の
ように思わせていましたが、このコンサートのオーディションに
賭けるダンサー、歌手にとってはマイケルという存在は、
唯一無二の存在であり、「あのマイケルと踊れるなんて」
「同じステージに立てるなんて」と思わせる生きる伝説の
人でもあったと、彼らのインタビューを聞いて、強く思いました。

c0033213_414392.jpg


ジャクソン5のメドレーのリハーサルシーンを見ていると
本当に、何か涙でそうで。
舞台の後ろに映し出されるスクリーンには、ジャクソン5時代の
小さいマイケルの姿が。

King of POPになるまで、多くのものを得ては多くのものを
無くしてきたんだろうな。
多くの幸せも手にしただろうけど、多くの裏切りや悲しみも
人一倍、経験したのではないでしょうか?

そんなマイケルが最後に作ったのが、タイトルの「This Is It」。
恐らくあの体では50回にも及ぶコンサートは全て行うことは
出来なかったでしょうが、どんなステージを見せてくれたのか?

彼の行き着く先はどこだったのか?

エンドロールが終わると、拍手が起きました。
どれだけの人がマイケルの想いを感じて、映画館を去って
行ったのかな?

「Man in the mirror」は確か、彼が日本公演をしている時に、
栃木か長野あたりで、少年が殺された事件があり、それを
知ったマイケルが、この曲を彼に捧げると言ったのを、
僕は覚えていまして、それゆえ、この曲が僕にはマイケルの
曲なんですよね。

カラオケでは「Heel the world」を歌いますが。

c0033213_4152622.jpg


さようなら、king of POP, 
ありがとう!マイケル・ジャクソン!
[PR]
Commented by ケンけんP at 2009-12-27 20:45 x
今更ながらですが、マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」の再上映でこの作品を見ました
芸能関係者のブログでいくつもの人がこの作品を絶賛していましたが、その理由が分かりました
本当に観客を楽しませ、そして新鮮感を与えるため、つねにMJ本人が先頭に立って一緒にコンサートを行う関係者とも意見を出し合って一つの大きな事を完成させるために裏では努力をしている人だと思いましたし、それだけをの事をできるだけの人を引きつける、人を引っ張る偉大な人物だと思いました
Commented by fyamasan at 2009-12-30 03:24
ケンけんPさんへ

また再上映されましたね。
1月にはDVD出ますが、やはり映画館で見たいですね。
まれに見る最上のエンターテイナーでしたね。
本当に死が残念ですね。
by fyamasan | 2009-12-03 04:15 | 映画 | Comments(2)