Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

カールじいさんの空飛ぶ家~大事なバッチ

これは去年から公開していますが、見逃してましたので、
ようやく見てきました。
3Dで字幕となるとどんな感じかなと思いました。
最初は何か違和感がありましたが、慣れてくると普通に
見ていましたね。

『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと
『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが
共同で監督を務める3Dアニメ。

「カールじいさんの空飛ぶ家」

c0033213_202638.jpg


あらすじ:
いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。
最愛の妻は亡くなってしまい、夢をかなえるには年を
取り過ぎている。しかし、何と数千の風船を家に結びつけ、
空高く飛び立つことに成功。
カールは8歳の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出発する。

原題は「UP」
なんともシンプルな題名。
冒頭の10分で、主人公カールのこれまで人生が
走馬灯のように描かれる。
老人ホームへ行く前に、妻との約束を守るために
カールは旅に出る。
一人と思いきや、粋な相棒・ラッセルも勝手に付いてきていたぞ。

妻との約束。
それは南米の秘境にある神秘の滝の上に家を建て、
そこで暮らすこと。

c0033213_20551.jpg


物語はそこまで、色々な苦労があるが、なんとか乗り越えて
いく話かと思いきや、意外とあっさり目的地について
しまったぞ。

さて、ここからが本当の冒険の始まり。
カールや妻のエリーを子供時代から冒険へと夢見させて
くれた伝説の冒険家にも出会ってしまう。

人間の言葉をしゃべる犬やチョコが好きな不思議な鳥も
現れたりと、カールじいさんとラッセルの周りはどんどん
騒がしくなってくる。

果たして、この旅でカールは何を見つけたのか?

c0033213_212127.jpg


本当に大事なものって、身近にあって、シンプルなもの。
幸せもそんなものなのでしょうかね?

カールじいさんはラッセルと旅をして、大切な何かを
思い出していく。


クスクスと笑わしたり、ほのぼのとさしたり、時には
ジーンと涙目にしてくれる。
やはりピクサーの映画って、良いよなあと、素直に
感動してしまいました。

音楽も良くて、エンドクレジットの映像も素敵でした。

カールじいさんとエリーのように年を取りたいなあと
つくづく思いますね。


もうすこしすれば「トイストーリー1&2」の3D映画が
公開されますね。
これも楽しみだ
[PR]
by fyamasan | 2010-01-04 02:01 | 映画 | Comments(0)