Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

インフォーマント~実話ですよ

実話です。
しかも内部告発物。
シリアスな映画かと思いきや、意外なコメディ展開に。

多少誇張されたとの話ですが、真相はいかに

映画「インフォーマント」

c0033213_152727.jpg


あらすじ:
アメリカの大手穀物商社に勤めるマーク・ウィテカー
(マット・デイモン)は将来を嘱望された優秀な社員だったが、
会社が国際価格カルテルを結んでいると内部告発する。
告発を受けたFBIは捜査を開始してマーク・ウィテカーに
物証を迫るものの、重要証人である彼は供述を二転三転させ、
立件自体が困難になっていく。


ちょっとイタイ告発者を演じるのが、体重を増やして
挑んだ、「ボーン」シリーズのマット・デイモン。
自分を0014と、007の倍凄いスパイだと名乗り、
スパイ活動、告発者の自分の行為に酔いしれてしまう。

正義心からなのか、自分が勤める企業を告発するように
なったマーク。
でも、「インサイダー」「エリン・ブロコビッチ」とは
一味違う展開に、クスクス笑いが場内で続いていく。

c0033213_16534.jpg


コメディとはまた違う、社会派映画ともまた違う。
ソダーバーグが何を狙って撮ったのか?
興味ある方はどうぞ!


ただ、妙に眠気が襲ってくる映画ではありますよ。
[PR]
by fyamasan | 2010-01-07 01:06 | 映画 | Comments(0)