Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

イングロリアス・バスターズ~タラ版戦争映画

前売り特典(フィギア)につられてましたが、
ようやく見てきました。



前作「デス・プルーフ」が僕にはイマイチな感じ
だったので、次回作はどうかなと思ってましたが、

ううううう

映画「イングロリアス・バスターズ」


c0033213_21512423.jpg


あらすじ:
1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を
虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)は
ランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)の追跡を逃れる。
一方、“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれる
レイン中尉(ブラッド・ピット)率いる連合軍の極秘部隊は、
次々とナチス兵を血祭りにあげていた。
やがて彼らはパリでの作戦を実行に移す。


冒頭のシーンや、バックに流れる音楽などから、
西部劇にも似た雰囲気をかもし出す。
やたらと長い会話シーン、足元から魅せる映像、
コテコテな服装、今回もタランティーノが凝っていることは、
十分に伝わりました。
これもタランティーノ版の戦争映画。

楽しめたし、面白かったです、ハイ。
でも、何かが足りないような気もしますね、ハイ。

B級のノリで、ワイワイやっているのは良いですが、
ドイツ人、ナチス人とはいえ、虐殺される場面を見るのは
やはり気持ちが良いものではない。

c0033213_21515922.jpg



同じナチへの復讐を描いたポール・ヴァーホーヴェン監督の
「ブラックブック」の方がはるかに面白く奥が深かった
ように思えます。

ナチへの復讐も描きつつ、ナチ側の葛藤もきちんとドラマに
している。

このあたりが僕が「イングロリアス~」に不満に思うところ
なのかなあとも、思いますが。

タランティーノは好きだし、これからも好き勝手に撮って
欲しいけど、B級+心の奥に踏み込んだ人間ドラマも
加われば、もっと凄いのが出来るような気もするんですが。

ただ、相変わらずの音楽の使い方が上手いし、
SS将校を演じたクリストフ・ヴァルツがものすごい怪演で、
これもまたタランティーノ・マジックかなあとも思いますね。

まあ、目が離せない人ゆえに、もっと上を望みたいんですよね。
[PR]
by fyamasan | 2010-01-09 21:52 | 映画 | Comments(0)