Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

2009・邦画・マイベスト5だよ

洋画に引き続いて、今度は邦画編になります。

第1位・「剱岳~点の記」
第2位・「ディア・ドクター」
第3位・「ポチの告白」
第4位・「サマーウォーズ」
第5位・「南極料理人」
次点 ・「重力ピエロ」
    「へばの」 

こちらもほぼ、順位はどうなんかなという感じですが、
第1位はゆるぎないものでした。

c0033213_7221485.jpg


第1位・「剱岳~点の記」

木村大作監督、入魂の1作でした。
確かにストーリー、ドラマ性に乏しいなど、
色々と問題点はありますが、それ以上に監督の
熱い気持ちが伝わり、素晴らしい映像にこちらも
熱くなりました。

「ルーキーズ」や「ごくせん」のように誰が撮っても同じ
映画とは全く違う意味合いの映画。
朝日新聞でも僕と同じような批評が載ってあり、それを
見てすごく嬉しかったです。

c0033213_7225051.jpg


第2位・「ディア・ドクター」
「ゆれる」でも絶賛でしたが、かなりのプレッシャーが
あったと思いますが、それ以上の結果が出ているような
気がします。
次はどんな映画を撮るのか、本当に楽しみな西川美和監督。
旬の鶴瓶を上手に使っていますね。

c0033213_7232010.jpg


第3位・「ポチの告白」
いぶし銀の役者、菅田俊さん主演。
ダークサイドに落ちていく、純な警官を熱演でした。
3時間近くありましたが、全く長く感じませんでした。
「笑う警官」よりもこちらが評判になって欲しいです。

c0033213_724564.jpg


第4位・「サマー・ウォーズ」
とにかく話が面白かった。
何度となく見てみたいと思えました。
家族という集まりが、ネット社会で結果を出すのが、
また良かった。

c0033213_7244658.jpg


第5位・「南極料理人」
ゆるい感じがなんともすうっと胸に入ってきました。
実際はすごい現場なんでしょうが、暖かいユーモアで
包んでますね。

c0033213_7251445.jpg


次点に選んだ「へばの」
身近で知っていた木村文洋監督の長編デビュー作。
故郷の青森で撮った、これも気持ちが伝わる映画。
宣伝をすこし手伝わしてもらいましたが、もっと大阪でも
たくさんの人に見てもらいたかったと思います。


いつか僕の映画が誰かのベスト10あたりに入るような
ことになるように、頑張りたいと思います。

夢は大きくですね。
[PR]
by fyamasan | 2010-01-25 07:25 | 映画 | Comments(0)