カティンの森~祖国へ
見る前から結末は、歴史はすでに知っています。
でも、ドキドキしながら、物語を見入っていた。
ワクワクはないドキドキ。
やるせなさと人生のはかなさに涙が出る。
でも、それでも、希望は見い出したい。

祖国への思いをこめて、アンジェイ・ワイダが描く、
渾身の一作。

c0033213_412788.jpg


映画「カティンの森」

あらすじ: 1939年、ポーランドはドイツ軍とソ連軍に侵攻され、
すべてのポーランド軍将校はソ連の捕虜となった。
アンジェイ大尉(アルトゥール・ジミエウスキー)は、
彼の行方を探していた妻アンナ(マヤ・オスタシャースカ)と
娘の目前で、東部へ連行されていく。アンナは夫の両親
のもとに戻るが、義父はドイツに逮捕され収容所で病死し、
残された家族はアンジェイの帰還を待ち続ける。


「ナチスが去ったと思ったら、ソ連が来た」
いつ、この国に真の自由はくるのだろうか?

「カティンの森」の真相を暴くこの映画の、背後に
描かれた、戦後のポーランド人のあり方。

新体制に順応していく者。
反発し続ける者。
悩みながら、悩みながら、生きていくことを選んだ者。

それぞれの祖国への想いを抱き、人生の選択をする。


アンナの願いが届かぬことは見る前から分かっていた。
それでも、アンナと同じように、希望を持ちながら、
映画を見ていました。

涙なしに見れなかったです

ぜひとも、劇場で!
[PR]
by fyamasan | 2010-02-03 04:12 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)

メジャー監督、デビューを目指して!
by fyamasan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
やまさんとは?
映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新のコメント
ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19
検索
ファン
ブログジャンル