Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

赤いアモーレ~失ってはじめて知る、、、。

イタリア映画、「赤いアモーレ」を見てきました。

元、T・クルーズの恋人、今はM・マコノヒーの婚約者の
ベネロベ・クルス主演の映画です。

c0033213_17471746.jpg

映画はティモーテオの一人娘が
交通事故で病院へ運ばれた
所から始まります。
そこから彼の回想がはじまり、
イタリアと出会った頃を思い出していく。



主人公で医者であるティモーテオは
美人な妻を持ち、生活にも何一つ
不自由のない生活を送っていた。
でも、心が満たされない日々が続く。
そんな時、ある街でイタリアという名の女性と出会う。
妻とはまるで違う、低階層な女性であった。
でも、衝動が走り、一線を越えてしまった。
その後、惹かれるように彼女の家へ行く。

この気持ちは妻にも感じたことのないものだった。
そして彼は気づく、「彼女を愛している」と。
しばらくして、妻の妊娠と同じ時期に、彼女もまた妊娠していた。
男は悩む。愛人の子を産ますべきか。


c0033213_1842525.jpg

二人の運命は予期せぬ結末を迎えてしまう。

主演のベネロベ・クルスがイタリア役を体を張った演技で見せて
くれます。
化粧気もない、いかにも低階層な女を。
でも、愛を知った女の喜びと悲しみを。

イタリアでは大ヒットした映画らしいです。
ベネロベ・クルスも良かったですが、ティモーテオ役&
監督も兼ねた、セルシオ・カステリットが渋い。
満たされない男の心を静かに抑えた演技で。
画像ではよく分からないのが、残念ですが。

「レオン」のJ・レノばりの渋さであります。
こういうおっちゃんになりたい、そう願います。

男性と女性では、この映画の感想が大いに違う
ように思えます。
[PR]
Commented by washan at 2005-04-05 20:09 x
心はいつも刺激を求めています。その一方で安心感も。恋愛に限らず。。。
 さて、この映画の題名「赤いアモーレ」、直訳すると「赤い愛」。なんか邦題臭さがぷんぷんと漂っていましたので、原題を調べてみると「Non ti Muovere」=「動かないで」。どちらが良いでしょうね。
Commented by iiyan at 2005-04-05 23:30 x
これはおもしろそうですね。是非見ます。ペネロペ・クロスはかわいいですよね。良い映画を見られてますね。うらやましいです。最近、不動産屋と交渉ばかりですごいストレスです。不動産屋は、ひねくれた変わり者が多いです。
Commented by yamasan at 2005-04-06 15:41 x
>washanさんへ

男も女も同じで安定感と刺激を求めますね。どちらとも満たされたいと、贅沢ですが。
原題の「動かないで」は、本もベストセラーになったみたいですよ。
赤が結構この映画を表してるんですよ。これも見てのお楽しみです。
Commented by やまさん at 2005-04-06 15:44 x
>iiyan さんへ

大変、お疲れ様です。交渉はかなりストレスが溜まるでしょうね。
癒し映画を見て、ストレス発散でも如何でしょうか!
この映画のペネロペ・クルスは今までのイメージとは少し違いますね、驚かれるかも。
by fyamasan | 2005-04-05 17:41 | ヨーロッパ映画 | Comments(4)