Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

TAXI NY~最後までダメな

c0033213_15554570.jpg


映画を見てて思うに、最初ダメでどうしようもない主人公が
時間と共に成長していくのには、結構感動するもんです。

しかし、このハリウッド版「TAXI」である、「TAXI NY」の
主人公は最後まで、おバカなままなのです。

主人公、ウオッシュバーン(ジミー・ファロン)、人はいいけど、
ダメな刑事。
運転もダメ、囮捜査もダメ、追跡で損害を膨らまし、ついに、
免許を取り上げられ、町のパトロール部に転属に。

でも、事件は彼の周りで発生するから不思議だ。
たまたま、乗り合わせたタクシー運転手ベル(Q・ラティファ)と
銀行強盗犯人を追跡するが、逃してしまう。

この犯人は、実は美女4人組なのです。
スーパーモデルとあって、スタイル抜群です。
写真の彼女はジゼル・ブンチェンで今、レオ様と
付き合っています。

c0033213_1644283.jpg


署内から干されているウオッシュバーンは何とか
名誉挽回で犯人を捕まえようとしますが、ことごとく
無残な結果に。

それでも、彼はベルや彼女の恋人の協力を
得て、何とか、犯人逮捕までもう少しと行くのですが、、、。

この映画の面白さは、キャラクター設定かな。
主人公が運転下手なのは、フランス版と同じですが、
主人公の上司は女性でかっての恋人。
運転手ベルは、超天才的な技術を持ち、なおかつMBでも
凄腕。
ウオッシュバーンの母親はいつもハイなお母さん。

c0033213_165857.jpg

カーチェイスは場所がNYなので、制限されていますが、
最後の犯人の追跡シーンは迫力ありました。
出演者たちの駆け引きが面白く、かなり笑えます。
スカッとしたい人にはオススメですね。
でも、何も残らないのが、難かな?
[PR]
by fyamasan | 2005-04-07 15:57 | 映画 | Comments(0)