Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

アイガー北壁~その先に見たものは?

あと、一日で上映終わりでしたが、なんとか
間に合いました。

予告編を見た時からきになってました。
ドイツ版「剱岳~点の記」?

迫力アル映像にひきつけられました


映画「アイガー北壁」

c0033213_23443230.jpg


あらすじ・

ベルリン・オリンピック開幕直前の1936年・夏。
ナチス政府は国家の優位性を世界に誇示するため、
アルプスの名峰アイガー北壁のドイツ人初登頂を強く望み、
成功者にはオリンピック金メダルの授与を約束していた。
山岳猟兵のトニーとアンディは、難攻不落の山を次々と踏破し、
優秀な登山家として知られ始めていた。
2人は世間の盛り上がりに戸惑いながらも、“殺人の壁”と
恐れられていたアイガー北壁への挑戦を決意する。麓には、
初登頂を目指す各国からの登山家や、世紀の瞬間を見届けよう
という報道関係者や見物客が集まってきていた。
その中にはトニーのかつての恋人で、新聞記者をしている
ルイーゼの姿もあった。天候を待つこと数日。
ある晩、トニーとアンディは北壁への登攀(とうはん)を
開始する。彼らのすぐ後をオーストリア隊が追い、4人は
快調に高度を上げていくが、メンバーの負傷や急な悪天候に
見舞われ、彼らは想像を絶する状況へと
追い込まれていく…。


スクリーン全開に聳え立つ、アイガー北壁。
これを実際に目の前にしたら、本当に息をのむという
表現がぴったりなんでしょうね。

「剱岳」の時も感じましたが、この映画を撮った監督の心意気が
ものすごく伝わってきましたね。

c0033213_23445647.jpg


映画を志すものとして、このような過酷な現場を一度は
経験したいと思うような、シーンがものすごくありました。

役者も大変だったけど、撮影クルーもさらに大変だったと
思えますね。

舞台は1936年のドイツ。
この後、見ている者はナチスドイツの台頭があることは
分かっています。

戦意高揚?
愛国心?
登山家の心情くすぐるような?
ナチスの政策。

やがて訪れるオーストリアの悲劇も垣間見れる
展開に、歴史の重さも感じてしまう。

c0033213_23451793.jpg


命を賭けた代償が何だったのか?
何を見て、トニーとアンディは北壁を目指したのか?

息をのむ映像と北壁を目指したものたちの生き様が
ズトーンと胸に響いてきました。

アイガー北壁を目指す登山家たちの動のシーンと
それをすぐ近くのホテルで見つめる静のシーンとの
対比も面白いです
[PR]
by fyamasan | 2010-04-29 23:45 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)