Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

告白~That's a ダーク・エンターテイメント

大ヒット中とのこと。
内容が重いですが、「嫌われ松子~」もかなりエンターテイメント色
濃かったんで、今回は中島監督、どんな味付けにしているのか?
楽しみにしていました。


映画「告白」

c0033213_1392536.jpg


あらすじ・

女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する
中学校のプールで溺死体にて発見された。
数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私の娘は
この1年B組生徒二人に殺されたのです」と衝撃の告白をし、
ある方法にてその二人の生徒に復讐する。
そして4月、クラスはそのまま2年生に進級。
犯人のひとりAはクラスのイジメの標的になっていた。
そして、もうひとりの犯人Bは登校拒否し、
自宅に引きこもっていた…。


中島監督といえば、カラフルな色使いで(ちょっと目が疲れたり
するけれど)楽しませてくれました。

今回は内容ゆえか、とても、落ち着いた(落ち着きすぎ?)な
灰色と○○ブルーというような組み合わせ。
この配色がまた、良いですね。

c0033213_140118.jpg


復讐を願う女教師。
そこから教室で波紋が起こり、色々な事件が起こる。
予想もしない殺人も起こり、原作を読んでいない僕は
どこにたどり着くのか?
最後まで緊張しながらも見ておりました。

これぞ、ダーク・ファンタジーならぬ、
ダーク・エンターテイメントでしょうか?

面白い&素晴らしい、でも、ゾクゾクするほど、
B級ホラーより、怖い。


中学生、大人と、人間のダークな部分が描かれつつも、
それが重荷にならずに見ていられる。
これが、中島流のエンターテイメントなるものなんでしょうね。

松たかこと木村佳乃が、被害者の子供を持つ母親と
加害者の子供を持つ母親という、対照的な、役柄を
演じていて、その対比も面白い。

c0033213_1404285.jpg


岡田将生も二枚目よりも、こういった役の方が、妙にあっている
ように思えますね。

美月を演じた、美少女にも注目ですが、14歳のキラーに
なる渡辺君を演じた彼も、冷めた時と、熱くなった時の
アンバランスさが、また良いですね。


極上のダーク・エンターテイメントをどうぞ、召し上がれ!
[PR]
Commented by mori2fm at 2010-06-23 10:38
TBいただきました。
>極上のダーク・エンターテイメント
↑正にその通りでしたね。松たか子の淡々とした演技が逆に、恐怖感をあおってました(^^;。
by fyamasan | 2010-06-23 01:40 | 邦画 | Comments(1)