Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ロストクライム~閃光~あの3億円事件の真相とは?

もう時効が成立して、かなり経つと思いますが、よく
家族でもこの話になっていました。

「誰も傷つけず、鮮やかに犯行をした」ということで、
良い意味で、犯罪史上に残る痛快犯の象徴だったはず。

でも、この映画では、意外な真実?が明らかにされていく。

一体、犯人は?


映画「ロストクライム~閃光」

c0033213_301260.jpg


あらすじ・

出世を夢見る若手刑事・片桐(渡辺大)は、ある殺人事件をきっかけに、定年間際の老刑事・滝口(奥田英二)とコンビを組まされる。
滝口の傍若無人な振る舞いに苛立つ片桐だったが、
被害者がかの“三億円事件”の犯人グループの一人と
聞かされて震撼する。
やがて恐るべき真相に辿り着いた二人は、ある巨大な陰謀の闇へと
巻き込まれてゆく…。



そうなのか?
本当にそうなのか?

言われてみれば、そうだよなあ。
犯人検挙率も今と違い、ずば抜けていたし、当時の警察が
犯人を捕まえられないはずがない。

内容を書いちゃうと、ネタバレになるので、これ以上は
言いませんね。

もしこの映画の話が真実なら、綺麗な犯罪、誰も傷つけなかった
ことには、ならないわけですが。


おっと、これ以上は書きたいけど、書きません。

c0033213_305492.jpg


よくありがちな老刑事と若手刑事の相棒コンビ。
定年間際の老刑事が最後に受け持つ事件が、3億円事件に
絡んだものになるとは。

菅田俊さんは、今回は警察の権力側にたっております。


所々、「?」となるところ、ありました。
ゆえに、何か見ている方が乗っていけないストーリー展開でした。
話は興味深いので、それはそれで楽しめました。


川村ゆきえとかたせ梨乃の絡みのシーンがありますが、
あんまり必要性は無かったような気がしますが、
男としては嬉しいサービスカットですね。


でも、組織を守るって、怖いですね。
[PR]
by fyamasan | 2010-07-07 03:01 | 邦画 | Comments(0)