Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

アウトレイジ~みんな殺ってるかい?

北野武監督、待望のバイオレンス映画。
全員悪人だそうで、普段、悪役やらない俳優も出ているから、
どんな感じかな?と、期待しておりました。


映画「アウトレイジ」

c0033213_16322147.jpg


あらすじ・

関東一円に勢力を張る巨大暴力団組織・山王会組長の関内のもとに、
一門の幹部が集結していた。
その席上、関内は若頭の加藤に、直参である池元組の組長・池元と
直系ではない村瀬組との蜜月関係について苦言を呈す。
そして、加藤から村瀬組を締め付けるよう命令された池元は、
その配下の大友組組長・大友に“厄介な”仕事を任せる。
こうして壮絶な権力闘争が幕を開けた…。



笑った、笑った。
かなり笑えました。
近くのカップルもかなり笑ってましたね。

客観的に見えてしまうので、リアルなはずのヤクザの行動が
おかしくて。
武はコメディと考えて撮ったのかと思うぐらい、突き放した
演出が、見ていて、本当に滑稽に見えて仕方ない。

ひどい殺し方や、下克上のヤクザ社会。
「仁義なき戦い」のような熱いものは、何も感じられなかった。

ゲームの「龍が如く」の方が感情移入できたような気がします。


普段はヤクザ役などやらない、三浦友和、椎名桔平、加瀬亮らが
良いですね。
特に加瀬亮は武が絶賛していただけあって、冷酷なインテリヤクザ、
見事でした。

また、石橋蓮、国村準さん、美味しい役柄でしたね。


全員悪人で、ほとんど死んでしまいますが、何人かは生き残ります。
誰が生き残るのか?
それを想像しながら見るのも、一つの見方かな?


武、お得意の暴力、ヤクザ映画を作った後は、次はどう撮るのか?


なんやかんや言いながら、気になる監督ですね。
[PR]
by fyamasan | 2010-07-08 16:33 | 邦画 | Comments(0)