Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

アメリカでスマッシュヒット。
しかも、ゴールデングローブ受賞ということで、アメリカ映画界の
懐深さを思い知らせます。

時間軸の使い方、この手があったか!
クスクス笑いと謎解きを混ぜて、奇跡の傑作誕生か?


映画「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」


c0033213_2424733.jpg


あらすじ:
2日後に挙式を控えたダグ(ジャスティン・バーサ)は、
バチェラーパーティーと呼ばれる結婚前夜祭をラスベガスで
過ごすことにする。
彼は親友のフィル(ブラッドリー・クーパー)やステュ
(エド・ヘルムズ)らと共に一路ラスべガスへ。
だが、翌日ホテルで目を覚ますとひどい二日酔いで、
花婿になるはずのダグの姿はどこにもなく……。


ハングオーバー =二日酔いということです。

しかし、昨夜の記憶が全てなくなるのはよっほどの事ですが、
僕も学生時代には記憶が飛んだことは何度かありましたが

オープニングが現在で、過去に遡り、一体、あの夜に何が
あったのかを、時にはじれったくなるように、丁寧に描いて
いきます。

4人というか、新郎はほぼ消息不明状態なんで、男3人組みの
行動も面白いし、出くわす人たちも豪華。


c0033213_244527.jpg


マイク・タイソンが大の動物好きとは知りませんでした。
なんとも味のある演技していますね。

久しぶりにスクリーンで見たヘザー・グレアム。
役柄はちょっと訳アリのシングルマザー。
でも、この女性ならと、こころ揺れる男性は多いはず。


謎の中国人グループも良いですね。

ラスベガスということで、当然カジノなんですが、
「レインマン」ネタや「ラスベガスをぶっ飛ばせ」のような
展開もあり、本当に色々なコネタがてんこ盛り状態でした。


僕的には警察署でのエピソードに爆笑でした。
ありえないですが、笑えました

c0033213_2443812.jpg


ちょいっと友情やラブストーリーも絡ませてくれるのも
嬉しいところですね。

最後の大きなオチがあるので、お見逃し無く!


こんな邦画あれば良いのですが、僕も目標にシナリオ
書いてみようかな!


劇場公開がスルーされそうだったので、映画館で見れて
良かったです。

「ファンボーイ」は大阪では未公開だったので、
尚更この映画の公開は嬉しいですねm:50]
[PR]
by fyamasan | 2010-07-24 02:44 | 映画 | Comments(0)