Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

コーラス~奇跡の”ええ声”を聞け~!

今日もまた感動的な ”ええ映画”を見てきました。
映画「コーラス」です。

c0033213_23264086.jpg


映画は音楽家として大成したピエールの母が亡くなったという知らせ
から、彼が故郷へ帰り、かって自分の音楽の才能を見出してくれた恩師、
マチューを思い出す所から始まる。

1949年、フランスのある田舎の問題児が集まる、舎監といわれる寄宿舎に
新しい音楽教師(マチュー)が来た。
彼も音楽の夢捨てきれず、教師として音楽の情熱を持ち続けようとした。
問題児が集まる所ゆえ、先生は手を焼き、校長先生はかなりスパルタ式で
あった。
マチューは何とかこの子供達を何かに夢中にさせてやりたいと考え、
自分が作った曲を皆で歌わせる事を思いつき、即席の不揃いなコーラス隊が
出来上がった。

問題児と言われる子供達、でも本音は寂しくて家族の愛に飢えている。
そんな心の隙間にコーラスの歌が、すんなり入っていく。
偶然、天性の歌声を持つ問題児も出てくる(彼はのちに大成したピエール)
マチューは彼の母親に恋心も持つのだが、結末は如何に?

c0033213_23473435.jpg

休憩時間、夜の寝る前、時間を割いて、コーラスの練習は続く。
数学教師までピアノの演奏で仲間に入る熱の入れよう。
噂を聞いた伯爵夫人達が見物にくるようにもなった。
マチューと少年達の努力が実り、前途洋々かと思われたが、、、、。


ピエール役を演じた少年は合唱団に属する素人の少年。
ナイーブな役柄を見事に演じて、また素晴らしい歌声を聞かせて
くれます。
音楽教師を演じたジェラール・ジュニョもほのぼのとした、コミカルな
演技で、映画にいい味を出しています。

気になったのは、出だしが映画「ニューシネマ・パラダイス」に
そっくりな所。
それもそのはず、「ニューシネマ~」の映画監督として大成した
トト少年の成長した役柄を演じたジャックぺランが、今度は
ピエールの役柄を演じているのです。
さしずめ、マチューは映写技師のアルフレードに当たるかな?

ストーリーも涙を誘うし、少年達の歌声を聞くのもよし、
美味しい映画だと思いますよ。
[PR]
Commented by washan at 2005-04-16 23:45 x
『音楽』という言葉はなんて良い言葉だろうと改めて感じます。僕は高校時代に吹奏楽部に入っていましたがその頃はどっちかと言えば『音学』という感じでした。楽器を吹くこと、譜面どおりに吹くことに一生懸命で、音を楽しむことなど出来ませんでした。音楽の『本質』を感じずに技能ばかりを考えていたような気がします。そう意味で言えば学校教育ってのはそんなんばっかりだったですね。『数学』も『数楽』にしたらどうでしょうか。そうすれば数学を学ぶ本質に少しは近づくのではないかなんてふと思いました。
Commented by やまさん at 2005-04-17 19:30 x
> washan さんへ

なるほど、そうですね。音楽、数楽なら、学問そのものを楽しめそうですね。「ゆとり教育」もこういう楽しむゆとりならいいですけどね、根っこが違うから楽しめないんでしょうね。
「数学」の「数楽」は面白そうだなあ。数学嫌いも無くなるかも知れないです。
by fyamasan | 2005-04-15 23:31 | ヨーロッパ映画 | Comments(2)