Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

十三人の刺客~切って、切って、切りまくれ!

満員の映画館でサムライの無常な生き様と、
ここまで戦うのかという、壮絶なアクション。
三池映画の真髄?

映画「十三人の刺客」

c0033213_045062.jpg


あらすじ・
島田新左衛門(役所広司)の下に集められた13人の刺客は
天下万民のため、将軍の弟・松平斉韶(稲垣吾郎)に
一世一代の戦いを挑む。
生来の残虐な性質で罪なき民衆に不条理な殺戮を繰り返し、
幕府の権力を我が物にしようとする史上最凶の暴君・斉韶。
その軍、総勢300人超。斉韶の名参謀にして新左衛門の
かつての同門・鬼頭半兵衛(市村正親)との知力を尽くした
戦いを制し、斉韶暗殺は果たせるのか。
参勤交代の帰国の道中、要塞へと改造された落合宿で、
想像を絶する壮絶な戦いの火蓋が切って落とされる。


いや~豪華な時代劇となりました。

役所広司、市村正親、稲垣吾郎、山田孝之、伊勢谷友介、
伊原剛志、松方弘樹、松本幸四郎など、そうそうたる面々。

前半が暗殺をするにあたる経緯や13人のそれぞれの紹介などと
なっており、後半から怒涛の戦闘シーンでございました。

アクションもこれだけ続くと、見ている方も疲れてきますので、
もう少し短くても良かったかなあと思いますが。
でも、迫力ありましたね。

c0033213_0453930.jpg


松平斉韶(稲垣吾郎)の残虐ぶり、非情ぶりがよく伝わる
シーンがありますが、かなりグロイシーンでもありますので、
ちょっと覚悟してみてくださいね。
「みなごろし」には、本当、胸が張り裂けそうになりました。

役所広司と市村正親の役者対決も見ごたえありましたし、
出番は少ないですが、松本幸四郎さんも貫禄の存在感。
13人の刺客では一番のはまり役ではないかと思う、伊原剛志。
「相棒」とは一味違う六角精児。


ただ、伊勢谷友介のキャラは必要だったのか?
どうかは、意見の別れるところでしょうね。
少しオチャラケキャラでした。
そのオチも要るのか?と。

c0033213_046532.jpg


オリジナルは僕は幸運にも2度ほど映画館で見ています。
オリジナルは重厚なつくりで、サムライの無常な、宿命と
いいますか、その道に生きていかざるを得ない、何とも
切ないものを感じた映画でありました。

リメイクはそこに今風なノリと大きなアクションを足した
ような感じでしょうかね。

武士の本分は「殿(上司)を守ること」
それに添えねばならぬ生き様が、心苦しいものです。
[PR]
by fyamasan | 2010-10-05 00:46 | 邦画 | Comments(0)