Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

冬の小鳥~明日への希望を信じたい

この映画もそんなに宣伝が無いまま、ひっそりと終わりました。
韓国映画ですが、イケメン韓流スターが出てくることのない、映画には
やはりおばちゃんは来ませんね。

切なくも、厳しい現実を見せられながらも、明日への希望を
感じましたね。

そう、原題は「A BRAND NEW LIFE 」


映画「冬の小鳥」

c0033213_145263.jpg


あらすじ:
1975年、よそ行きの格好をした9歳のジニ(キム・セロン)は、
父(ソル・ギョング)と一緒にソウル郊外にあるカトリックの
児童養護施設の門をくぐる。彼女がシスターに施設の案内を
してもらっているうちに、父親は黙って去って行ってしまう。
そのことにショックを受けたジニは食事にも手をつけず、
周囲に溶け込むことも頑として拒んでいた。


愛する父に捨てられ、孤独を、怒りを小さな体に抱えながら
生きているジニ。
それは、施設の庭の隅でひっそりと行き続ける瀕死の小鳥の
姿と重なっていく。

外国人夫婦が養子にと、度々訪れるが、ジニは彼らに気に
入られようと愛想よくもしない。
逆に養子になりたくて、英語も勉強、常に笑顔のスッキの
頑張りぶりが対照的。


今、ある現実をなかなか受け入れられない9歳の少女。
それでも時間は流れていく。

やがて、少しずつ、少しずつ、向き合っている現実に
向おうとジニは決意していく。


ジニを演じたキム・セロンが素晴らしいですね。
ジニと仲良くなるスッキを演じたパク・ドヨン も
良いですね。

施設から養子へと迎えられ、フランスへ渡った
ウニー・ルコント監督自身の経験談からなるこの物語。

ものすごく心が寒くて、悲しくて、涙出そうになります。

でも、見終わると暖かくなるんですよね。

そうか、だから、原題が「A BRAND NEW LIFE 」になるんですね。

小さくも僕も希望を感じました。

道端にひっそりと咲くような地味な映画かもしれません。
でも、その芯の強さ、豊かさを感じてもらえたらと。
[PR]
by fyamasan | 2010-12-03 14:05 | 韓国映画 | Comments(0)