Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

愛する人~ふれあい、絆

この映画も、予告編やあらすじ聞いただけで、なんか
泣けてきて、映画でも泣くだろうと思いましたが、
なんとか、こらえてきました。

原題が「Mother and child」

良いおばさんになったようなアネット・ベニング。
久しぶりにスクリーンで見たような気がしました。
これからはちょっと年をとったお母さん役が増えそうですね。


映画「愛する人」

c0033213_4584531.jpg


あらすじ・

老いた母親を介護しつつ、日々忙しく働いているカレン
(アネット・ベニング)。
14歳の時に思わぬ妊娠をするが、やむを得ず生まれた子供を手放す。
37年たった今、逢ったことのない子どもに想いを寄せる日々。
エリザベス(ナオミ・ワッツ)、37歳。母親を知らずに育ち、
仕事では素晴らしいキャリアを持つ。
家族や恋は人生には必要のないもの。
しかし自分の思わぬ妊娠をきっかけに、ずっと閉ざしてきた母への
慕情を意識し始める。
母として、娘として、女として人生で失望を繰り返しながら
生きてきた2人。
手遅れになる前に、愛していたことを伝えたい。

その強い想いがふたりの距離を縮め、めぐり逢わせるかのように
思われたが…。

物語の軸は、カレンとエリザベスの未だに出会っていない
母と娘の話です。

ここに、どうしても子供が欲しい黒人の夫婦の話や、
カレンとエリザベスの周りの状況などが加わり、
いくつもの、親と子の話が展開していく。


c0033213_4591192.jpg


人はどんなに孤独で、一人で生きてきたとしても、
人と触れ合う、絆が見つかれば、それだけで、幸せに
なれるのではないのだろうか?

そんな事を映画見ながら思いました。

映画の冒頭辺りは、孤立感や決まりきった生活から
疲れた、生き生きとした表情が見られない、カレンと
エリザベスですが、映画の後半あたりの、二人の表情の
豊かで、輝くことといったら。

小さな絆が、心を豊かにし、幸せにしていく。

話も小さな話が少しずつ、少しずつ、ほどけていくようで、
徐々に進んでいきます。

交わる人もいれば、交わることもなく、過ぎてしまう人間関係も
あります。

c0033213_4593484.jpg


やりきれなさも感じますが、最後には希望が見えたので、
ホッと一息つけたような気もします。

生まれてくること、親になること、生きていくこと。
日々の生活の中で忘れてしまっいることを、本当に
大事なことをもう一度、考えてみようと、思いますね。

男の扱いが、ただの種を産み付けるような、ちょいと
軽い存在のようなのが、気になりますし、あの話は
どうなったんだろうなあ?とつっこみどころもありますが、
良い映画でした。


周りは女性だらけで、みなさん、泣かれていました。

男性もドンドン見て欲しいですね。
[PR]
by fyamasan | 2011-01-19 04:59 | 映画 | Comments(0)