Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

アンストッパブル~暴走列車を止めろ!

好きな俳優さんのひとりのD・ワシントン。
大ヒットとまでいかないまでも、コンスタントに
スマッシュヒットの映画にきちんと主演されていますね。

「サブウェイ123/激突」もドキドキしましたが、
今回も予告編から、ドキドキハラハラ状態でした。


映画「アンストッパブル」

c0033213_3412597.jpg


あらすじ:
操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備ミスによって走り出す。
大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した777号を止めるべく、
鉄道会社と警察は手を尽くすが、列車はさらに加速していく。
事態を察知したベテラン機関士フランク(デンゼル・ワシントン)は、
この日初めてコンビを組んだウィル(クリス・パイン)と共に、
決死の覚悟で暴走列車に立ち向かう。


実際の事件から話を作り出したとあり、リアル感満載。
人間のミスで列車が強大な脅威になるのが、なんとも怖い。
また、ミスを、被害を最小限にしようと思うのではなく、
株式や損得勘定ばかりが働く、重役たちの考えも、空恐ろしい。

ハリソン・フォードの「逃亡者」ばりのCGを極力おさえて、
本物を使っての撮影された映像はさすがに迫力満点。

c0033213_342171.jpg


悪人がおらず、天災ならぬ人災によって、引き起こされた
暴走列車をどのように止めていくのか?

上映時間が90分であり、楽しめたのは楽しめました。
ただ、コンパクトにまとめており、なんらかのもう
一ひねりが欲しかったですね。

あと、20分ほどの時間を使い、フランクとウィルの
それぞれの人間関係をもう少し掘り下げての葛藤が欲しいです。

あと、違う方法がもう少し試してみるとか、重役連中と現場の
せめぎあいももう少しあれば、と思います。

c0033213_3423561.jpg


この手のアクションを見るといつも思うのですが、どのように
撮影しているんだろうなあと、現場を見てみたいと思うのです。


最後に実際の事件からの映画化なので、その後、登場人物
たちはどうなったのか?が、分かるのもご愛嬌でしょうか?

それにしても、危険にも関わらず、それに立ち向かう男の
姿はカッコイイの一言ですね。
[PR]
by fyamasan | 2011-01-31 03:42 | 映画 | Comments(0)