Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

しあわせの雨傘~ドヌーブが超チャーミング

映画「バーレスク」でシェールの魅力を堪能しましたが、
ハリウッドがシェールなら、おフランスはカトリーヌ・ドヌーブ
でしょうか?

近年、彼女の主演、出演作が日本でどんどん公開されていますよね。

去年は僕が見たのは「隠された日記」「クリスマス・ストーリー」が
ありましたし、最近はフランソワ・オゾンの映画には無くてはならない
存在となっております。

そして、そのオゾンと組んだ新作がこちら、


映画「しあわせの雨傘」

c0033213_4214346.jpg


あらすじ:
スザンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は毎朝のジョギングが
日課の幸せなブルジョワ妻だったが、ある日、雨傘工場を
運営する夫ロバート(ファブリス・ルキーニ)が心臓発作で倒れ、
雨傘工場を切り盛りすることに。
亭主関白の夫の下で押し黙る日々を送っていた彼女だったが、
子ども、昔の恋人、工場の従業員たちの協力を得て予想外の本能が
目覚めていく。


笑いあり、ホロリと涙がにじんだり、何とも人情物の濃い、
フランス映画でした。

外見上は何一つ不自由のない、幸せな生活を送っているように
思われた社長夫人であるスザンヌ。

しかし、周りからはお飾りな妻であり、「飾りつぼ」と言われていた。

c0033213_4223793.jpg


そんな自分を自嘲もこめて、
「私は幸せだと、信じていた、信じ込んでいた」
そう思うことで、必死に心の平静を装っていた。

それが、夫が倒れ、昔の恋人(愛人)?との告白などから、
本当の幸せとは、与えられるものではなく、自分から掴みとる
ものなんだと気づいていく。
その奮闘していく姿が、またコミカルに描かれており、
なんとも可愛らしいドヌーブが魅力的です。

赤いジャージでジョギングして、詩を読む。
ディスコで踊ったり歌ったりと、かなりチャーミングな
ドヌーブであります。

c0033213_423759.jpg


逆に昔の愛人だったモリスを演じた ジェラール・ドパルデュー。
ちょっと、中年太り気味というか、太り過ぎでしょう!
もう少し、スリムになってよね!



カトリーヌ・ドヌーブ、次回作はまた違ったキャラクターを
見せてくれるのでしょうか?

楽しみですね
[PR]
by fyamasan | 2011-01-31 04:23 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)