Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

フォーエバー・ヤングだぜ!

今日はブライアン・アダムスのライブに行って来ました。

中学時代にアルバム「レックレス」を聞いて、いつかは彼の
ライブを見たいと思いつづけて、もう十何年かな?
ようやくその日が来ました。

c0033213_1595499.jpg
ライブは新作「Room Service」からの
シングルカット、
「This side of paradise」で始まり、
その後は新旧ヒット曲を
混ぜて、ライブは進みます。

ライブの途中で「今日は高熱で喉が変なんだ」と言ってましたが、
本当に高熱なの?と思うくらいに熱の入ったライブ。
フォークギターでの「Heaven 」、「I do it for you」など
弾き語る場面は鳥肌ものでした。感動!


このライブ見て思ったのはブライアン・アダムスの
ファンサービスの凄さです。
途中に「いつもライブでやるんだけど」と言い、お客さんを一人ステージに
上げて、曲を一緒に歌ったり、客席にマイクを渡したり、ステージを
降りて、最前列を歌いながら歩いたり、「次の曲は何が聞きたい」と
客にリクエストを求めたりと、本当にファンとの距離を感じさせない
そのライブの姿勢は素晴らしい!

c0033213_2121275.jpg

アンコールも2回あり、2回目には一人でギターの弾き語りでした。
これも良かった。
内容濃すぎる2時間はあっという間でした。
御年46歳と思えないそのエネルギッシュなライブステージは
お見事の一言。
また来日したら、見に行きたい、そう思わせるものでしたね。
ありがとう、ブライアン・アダムス!

客席はやはり年齢層は高かったですね。
30代、40代が殆どではなかったかな?
次はブルース・スプリングスティーンの来日公演を
ぜひ、見てみたいです。
[PR]
by fyamasan | 2005-04-27 02:09 | 音楽 | Comments(0)