Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ブラック・スワン~ナタリーよ、そこまで

プロレスファンの僕にとっては、なんとも切なくて、切なくて、
でも、プロレスLOVEが感じられた、ミッキー・ローク主演の
「レスラー」の監督ダーレン・アロノフスキーの最新作。
しかも、主演のナタリー・ポートマンがオスカー受賞と聞けば、
見に行かないわけがない。

意外とレイトは人が少なかったなあ。
カップルもいたが、これは選択ミスやろなあ。
「パイレーツ」見れば良いのにね

映画「ブラック・スワン」

c0033213_33666.jpg


あらすじ・

ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレニーナ・ニナは、
純真で繊細な“白鳥”と、妖艶に王子を誘惑する“黒鳥”の二役を
踊る「白鳥の湖」のプリマドンナに大抜擢される。
しかし優等生タイプのニナにとって“白鳥”はともかく、
悪の分身である“黒鳥”に変身することは大きな課題だ。
初めての大役を担う重圧、なかなか黒鳥役をつかめない焦燥感から、
精神的に追い詰められていくニナ。
さらにニナとは正反対で、“黒鳥”役にぴったりの官能的な
バレリーナ・リリーが代役に立ったことで、役を奪われる恐怖にも
襲われる。
ニナの精神バランスがますます崩壊する中、初日は刻々と
近づいてくる…。

もう何度も予告編を見せられたので、ニナが黒鳥になるのは
分かってました。
どういう心境や変化で、その役になるきる境地にいたったのか、
それがどう描かれるのか、凄い興味がありました。

c0033213_3363915.jpg


いやいや、ナタリー・ポートマン、ここまでするのかい?と
思うほどで、現実と妄想の境目が、見ているこちらにも
判断出来ないので、めちゃめちゃ、感情移入してしまった。

演出家トーマス(ヴァンサン・カッセル)が言う、
「自分を解き放て!」

それは、バレリーナとして新たな境地に達することへの
期待だろうけど、自己破壊へと繋がるかなり危ない声でも
あった。

c0033213_337565.jpg


僕は役者を目指しているのではなく、監督を目指しているの
ですが、この映画のように、主役に抜擢されたバレリーナや
大きな舞台で演じる役者さんの心境って、自分が潰れるんじゃ
ないかと思うぐらいの追い込みがあるんでしょうね。

ナタリーの役者魂、見せてもらいました。

ニナの母役をバーバラ・ハーシーが演じる。
この人も年取ったなあと思うと少し寂しいが、久しぶりに
スクリーンで見た感じがする。

注目はニナの前の主役だったべスを演じるのが、
ウィノナ・ライダー。

現実を彷彿とさせる役柄ゆえに、見ているこちらも
なんとも胸が痛いです。
でも、ここからまた立ち直っていくウィノナ・ライダーの
姿が見たいなあ。

c0033213_3373574.jpg


「レスラー」のミッキー・ロークといい、今回のウィノナ・ライダーと
いい、絶妙なキャスティングですね。


全体的なトーンは暗め。
色も白と黒の対比、または赤の使い方が効果的。
ニナの唇の赤や血の色の赤。
ラストの赤色は衝撃的ですね。


下手なホラー映画より、よっぽど怖いですね。
R15なのが、よく分かります。
でも、また見たくなりますね。

こういう映画、撮りたいです!
[PR]
Commented by つぶあん at 2011-06-30 14:24 x
はじめまして!つぶあんです。映画の好みが似てるなぁって思いつつ、ときどきブログを拝見しています。あ、小説も参考にさせていただきました。「しずり雪」今、読んでます。格闘技はボクシングが特に好きですね。

「ブラック・スワン」観ました。面白かったです!が、個人的には「レスラー」が好み。この監督の「レクイエム・フォー・ドリーム」も好きです。これはこの2作品とはまったく違ったドラッグ中毒のお話でしたが。カメラワークとか画面分割とか、うまいですねー。話も面白いし。

私もface bookページで観た映画の勝手な評価をしてます。よかったら遊びにきてください。またコメントします!
Commented by fyamasan at 2011-07-05 23:25
つぶあんさんへ

コメントありがとうございます。
かなり手抜きになっているブログですが、読んでいただいて嬉しいです。「しずり雪」読んでもらえましたか。安住ファンが増えるのは嬉しいですね。
僕もfacebookしていますが、もひとつ使い方がよく分かっていませんので。それではよろしくお願いします。
by fyamasan | 2011-05-30 03:37 | 映画 | Comments(2)