Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

モンスターズ・地球外生命体~ラブストーリー?

去年、見た「第9地区」のような、「おお、やるね!」というような
新鮮な驚きがありました。

僕もじつはゾンビ映画を撮りたいと考えています。
でも、普通のゾンビではなく、愛を語るゾンビ映画にしたいと
思います。


タイトルだけみると、SF映画、エイリアンモノかな?と思いますが、
意外や意外、ラブストーリーものでした。

c0033213_4243043.jpg


映画「モンスターズ・地球外生命体」

あらすじ・
太陽系に地球外生命体の存在を確認したNASAは、探査機を使いサンプルを採取する。
しかし、大気圏突入時にメキシコ上空で大破してしまう。
その直後から、地球外生命体が増殖をし始め、メキシコの半分が隔離される事態に。
それから6年後、“モンスター”たちにより多大な被害を受けているメキシコで
スクープを狙うカメラマンのコールダーは、怪我をした社長令嬢のサマンサを
アメリカ国境まで送り届ける役目を与えられる。

噂を聞きつけて見てきました。

制作費、130万円なり。

監督のギャレス・エドワーズはこの映画の成功を受けて、次回のハリウッド版の
「ゴジラ」の監督に抜擢されたという。

130万円で、これ撮れるとは凄いなあ。

自主映画している者にとっては勇気もらえる話ですね。


断然お金かけている映画とは、そりゃ比べられませんが、低予算ながらの
アイデア、意地が感じられる。

危険地域を抜けていく、男女のロードムービーですが、最初はなんの恋愛感情
ないのが、だんだんと一緒に行動することにより、っていう話になりますが。


ギャレス・エドワーズ監督、次は「ゴジラ」とハードル高いですが、
独自の映画作り、楽しみにしています!

いつか、会えて一緒に仕事出来ることを、僕の夢リストに加えておこう!
[PR]
Commented by ケンP太郎 at 2011-08-08 21:42 x
この手の作品なら日本では西村喜廣さんですね
今度は大阪でも日活が中心になって制作している映画、スシ・タイフーンの「ヘルドライバー」の上映が予定されているそうです(もし大阪に舞台挨拶で来るようでしたら直談判されては!)
ちなみに最近はユーチューブにもkno319xmの名前で出しています(主に鉄道や祭の現場映像です)
Commented by fyamasan at 2011-08-27 00:55
ケンP太郎さんへ

スシ・タイフーンがいよいよ大阪でも上映されますね。
これは楽しみにしています。
とりあえずは、企画として胸のうちであたためておきます。

by fyamasan | 2011-08-08 04:25 | B級の館 | Comments(2)