Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

神様のカルテ~ええ話なんですが、

原作がベストセラーということで、僕はまだ読んでませんが、
宮崎あおいも出ているのと、予告編の音楽がまた記憶に残りましたね。

二宮を越えるか?


櫻井翔くん?


映画「神様のカルテ」

c0033213_420536.jpg


あらすじ・



勤務5年目の内科医師、栗原一止(いちと)は、医師不足の中、「24時間365日対応」の
本庄病院で激務をこなしていた。家に帰れば、カメラマンの妻、アパートの風変わりな
住人たちとの温かい暮らしがあったが、多忙のあまり、最初の結婚記念日も忘れる始末。
ある日、大学病院から見放された末期がん患者、安曇雪乃が現れる。
安曇と触れ合う中で、一止は医療とは何かを考え始める。
そんな時、大学病院に勤めないかという誘いが…。


ええ話でした。

現役のお医者さんが書かれているだけあって、リアルな病院の
問題点が浮き彫りにされ、そこで懸命に働く医師や看護士の
奮闘ぶりがよく描かれていました。

ただ、最初から栗原一止が良い人過ぎるだけに、どう選択するのか?
どう生きていくのか?が、分かりすぎるくらい分かるんで、いっぱいいっぱいに
感じてしまう。

c0033213_4224152.jpg


あと、妻の宮崎あおいとのなれそめなり、エピソードが欲しいなあと
感じました。
山岳写真家ということで、なにかこの世のものでは無いような存在で、
こんな人と変人とされる医師がどう出会ったのか?
見ていて気になりだして。

旅館に住む住人たちとの交流は昭和を思い起こさせるので、
なんとなく違和感があり、栗原は夏目漱石が好きだから、しゃべり口調も
古めかしくなるというのも、なんとも変な感じがしました。


一番は主人公が成長する過程がないということでしょうか?

それなりに悩んだりしますが、もう人として、医者として、十分に一人前の
ことをしているので、この先、同じような話が続くだけにように思えてしまいました。

原作は3巻まで出ていますので、そのあたりがどう描かれているのか、興味あります。


感動するシーンもあるし、ええ話ではあります。

でも、なにか釈然としないものを感じてしまう、僕の方が、ひねくれ者なのだろうか?

うーーん。

櫻井翔くんの髪型、なんとかならなかったのか?

c0033213_423423.jpg



主要配役は豪華なメンバー・

要潤 吉瀬美智子 岡田義徳 朝倉あき 原田泰造
西岡徳馬 池脇千鶴 加賀まりこ 柄本明

さすがな演技でした!
[PR]
by fyamasan | 2011-09-12 04:24 | 邦画 | Comments(0)