Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

探偵はBARにいる~脱力系、ハードボイルド?

c0033213_1263754.gif


久しぶりに痛快な邦画を見たような気がします。
大泉洋と松田龍平のコンビが良いですね。
シリーズ化も決まったし、早く続編が見たい。

映画「探偵はBARにいる」

c0033213_1253995.jpg


あらすじ・

“俺”は札幌の歓楽街ススキノの私立探偵。
相棒兼運転手の高田と組んで厄介事を片付けるのが生業。
ある晩、いつものバーで寛いでいると、コンドウキョウコと名乗る女が電話で依頼を告げる。
ところが、その依頼のせいで“俺”は怪しい男たちに拉致され、人里離れた雪原で
生き埋めにされてしまう。命からがら脱出した“俺”は事の真相を探り始める。
そんな矢先、高級クラブ「コンチェルト」の美人ママ、沙織に出あう。


北海道が生んだスーパースター、大泉洋が大活躍。
本人も地元とあって、うれしいキャスティングでしょうね。
松田龍平との絡みもテンポがあって、いい感じです。

話の内容はなんとなく想像はつきますが、大泉と松田の駆け引きの
面白さが、ストーリー展開を広げているので、ワクワクさと楽しさが
入り混じったなかで、時間が過ぎていった気がします。

c0033213_1261212.jpg


大泉と松田の他も、豪華な出演者たち。

小雪  西田敏行 田口トモロヲ 竹下景子
石橋蓮司  松重豊  高嶋政伸 など。

特にぶっ飛んだヤクザの高嶋が良かったですね。
この手の悪役、はまり役じゃないですか?


また、カルメン・マキが歌うというもの、流行の歌手や歌じゃないところが
またぐっとひきつける。

相棒の高田のオンボロ車が光岡デュート。
これは、監督が好きな「カリオストロの城」でルパンが乗っていた車では
ないか?
好きなジブリ作品へのオマージュなんでしょうかね。


プロデューサーがルパンと次元を大泉と松田にあてはめたと
いっているのもうなずける。


R39の僕にはなんとも言えない懐かしさを感じさせてくれる映画でした。

ただ、難点といえば、電話の声かな?

書くとネタばれになるので、書きませんが、ちょっと違和感を感じました。


でも、新たなバディシリーズが出来て率直にうれしいですね。
[PR]
by fyamasan | 2011-09-30 01:26 | 邦画 | Comments(0)