Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

モテキ~恋がせめてくるぞ~!

予告編も面白かったし、なにより、勢いで見てしまう
映画でもありましたね。

こんな女優陣に言い寄られたら、超モテキじゃないですか?


映画「モテキ」

c0033213_1271881.jpg


あらすじ・

藤本幸世(31歳)。金なし夢なし彼女なし。
派遣社員を卒業し、ニュースサイトのライター職として新しい生活を
踏み出そうとしているが、結局のところ新しい出会いも無いまま。
だが、ある日突然、「モテキ」が訪れた!
みゆき、るみ子、愛、素子。まったくタイプの異なる4人の美女の間で
揺れ動く幸世。「こんなのはじめてだ…今まで出会った女の子と
全然違う…冷静になれっ!…期待しちゃダメだぁ…」
モテキの波を超えて、幸世は本当の恋愛にたどり着けるのか?


いや~、クスクス笑いで、超面白い映画でありました。

ツイッターで頻繁に連絡取ったり、サブカルチャーの魅力も
なかなかで、映像と音楽の使い方も良いですね。

c0033213_1273974.jpg


大江千里や岡村靖幸の曲なんか使われると、R39にはたまりません。

まあ、豪華な女優陣。

長澤まさみ 麻生久美子 仲里依紗 真木よう子


個人的にはイタイ女性を演じた 麻生久美子が良かったですね。
独りカラオケとか、最高でした。

軽いノリのリリーフランキーも良いですね。

c0033213_128073.jpg


全体的にミュージカル調で、脱力系でしょうか。

お気軽に楽しめます。

が、映画としてみるとどうなの?と思えてしまう。

内容があるのでもなく、映像と音楽で引っ張っていくので、
正直、何も残らないといえば、そうなりますかね。


主人公のモテキを他人事として、楽しめちゃうので
良いんですが。

c0033213_128161.jpg


「ああ~、俺のモテキはいつなんだ~?」と
みんな叫びたくなるのかな?
[PR]
by fyamasan | 2011-10-07 01:26 | 邦画 | Comments(0)