Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

いちご白書~語りつぎたい映画シリーズ

「語りつぎたい映画シリーズ」として、第1弾が、この「いちご白書」

1970年製作。

おお、僕が生まれる前ですね。

ばんばんの「いちご白書をもう一度」は何度も聞いたことがありましたが、
なかなか映画の方を、映画館で見れなかったので、とても期待してました。


映画「いちご白書」

c0033213_0354231.jpg



あらすじ・


大学のボート部に所属するサイモンは普通の大学生。
大学で行われている学生運動やストライキにも興味がない。
ある日、ストのバリケードの中にいたリンダに惹かれたサイモンは、
彼女目当てでストに潜り込む。
最初は下心で参加したサイモンだったが、リンダと付き合うようになり、
学生運動に段々とのめり込んで行く。やがて事態は進み、
同じボート部で政治に関心がなかった友人らも運動に参加。
しかし大学側は武装警官を突入させ、、、。


まあ、男・サイモンの動機は不純極まりないものですが、
男ならたいていはこんな感じでしょうかね?

でも、だんだんと今まで何も感じなかったことへの矛盾や
怒りが芽生えてきて、本気になっていくのですが。


ゆったりとして展開で、すこし歯がゆさも感じますが、
サイモンとリンダの二人の恋の行方と同じように、段々と
映画もテンションがあがっていきます。

そして、ラストが驚きでした。
この撮影はどんな感じで撮っていたのかな?と

音楽の使われ方が良いですね。
ジョン・レノンの「平和を我らに」なんて、鳥肌たちましたね。


c0033213_036315.jpg


バフィー・セント=メリーの歌う「サークル・ゲーム」から始まり、
二ール・ヤングやC,S,N&Yへと続いていく。
60~70年代のロック・フォーク好きにはたまらない選曲ですね。

デジタルリマスターをしたものですが、フィルムなんで、やっぱり見ていて
映像が温かく感じてしまう。

そういえば、主人公のサイモンも8mmのカメラ回していましたね。

この映画をリアルタイムで見たかったというのが、正直なところ。

リバイバルで見たあの頃の青春を過ごした方は、どんな気持ち
なんでしょうね?



当時の時代背景を映しつつも、熱い青春映画でありました。



「語りつぎたい映画」シリーズ、第2弾は「ひまわり」です。

これも見逃せないなあ。
[PR]
by fyamasan | 2011-12-30 00:36 | 映画 | Comments(0)