Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-

去年からの公開でしたが、ようやく見てきました。
監督が、「孤高のメス」「八日目の蝉」の成島出ということで、
期待大。

しかし、「男たちの大和」の東映なんで、変な愛国心をあおるもの
だったら嫌だなあと思いつつも。


映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」


c0033213_2435994.jpg


あらすじ・

昭和14年夏。日独伊三国軍事同盟をめぐり、締結を強く主張する
陸軍だけではなく、国民の大半も同盟に希望を見いだしていた。
そんな中、海軍次官の山本五十六(役所広司)、海軍大臣の
米内光政(柄本明)、軍務局長の井上成美(柳葉敏郎)は、
陸軍の圧力や世論にも信念を曲げることなく同盟に反対の立場を
とり続ける。しかし、第2次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)し……。



「男たちの大和」より、断然良かったんで、ちょっと
ホッとはしました。
が、逆に戦闘シーンは、「男たちの大和」には及ばずといいますか、
ハリウッドのアクション映画を見ている者には(泣)
こう、製作資金の差がこれほどまであるのかと、愕然としてしまい
ましたね。

いっそのこと、戦闘シーンは無かった方が良かったのでは?と
思いますね。


肝心の映画ですが、人間味あふれる山本五十六像がきちんと
描かれていたと思います。
特に食事のシーンが多いのが、彼の人柄を表す意味なんでしょうね。

ただ、地位は与えられしも、実権や最後の決断は出来ない状況なので、
もっと、もっと葛藤する姿を描いても欲しかったですね。

多くの若い部下が戦死するなかで、その訃報を聞くたびに、
うなづくだけしか出来ない、無念さも感じられますが。

開戦反対派の海軍が、暴走する陸軍、世論を開戦ムードに祭りあげる
マスコミに対応出来ずに、日本が開戦へと向かわざるを得ない状況は
こちらもしっかりと描かれていたと思います。

特に、香川照之演じた主戦派の主幹が良いですね。
敗戦後には手のひらを返したかのような、「民主化」を宣伝する
あたりに、戦争をあおった人間の非人間性が非常によく出ていました。

c0033213_2451032.jpg


主幹の家来のような設定の玉木宏ですが、取材をする態度の不自然さ
(もっと低姿勢?謙虚さがあっても)が気になりました。
さらに、僕の間違えかもしれませんが、彼も招集礼状が来て、髪を
短く切るのですが、これはカツラですよね。

軍人役の役者は実際に髪を切っているんだから、せめては、カツラは
やめて欲しかったです。

まあ、キムタクも戦争映画に長髪で出てましたけどね。


幕末明治では、薩摩、長州などの主要派にはなれなかった、逆に徳川への
恩に縛られた長岡藩。
その長岡藩出身の山本五十六は、焼け野原となった故郷への想いが、
ずっしりと根付いていた。

ゆえに、日本を焼け野原にならぬように、早期講和へと動いた彼の心境は
この映画を見ていて強く感じました。


河井継之助の精神が宿った五十六の気持ちは伝わったが、戦闘シーンも
含めて、なんとも消化不良に終わってしまったのには、残念です。


主題歌は小椋桂さんが歌っていますが、これも何かしっくりとこな
かったなあ。

c0033213_2453461.jpg


話は変わりますが、柳葉敏郎演じた井上成美は、映画では五十六と
同じように、日独伊の3国同盟反対派であり、開戦反対派でもありました。

海軍兵学校の学校長時代、戦時中でありながら、英語の必要性を
説き、英語の授業をなくさなかった、彼も五十六同様に、
見直す人物のように思えます。
[PR]
by fyamasan | 2012-01-18 02:45 | 邦画 | Comments(0)