Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

不惑のアダージョ~「恋の罪」とは一味違う

ちょっと映画見れてませんでしたが、またバシバシと見ていきます。

この映画、予告編を見て、「おおっ」と思ってました。

昼間でしたが、客層は高めで、女性が多かったです。

園子温監督は一味違う、女性の描き方。


映画「不惑のアダージョ」


c0033213_416727.jpg


あらすじ・

若き日に神へ身を捧げたシスター。
教会でオルガンを弾き、静かで穏やかな日々を過ごすなか、
彼女は人よりも早く更年期を迎えようとしていた。
ある日、バレエ教室のピアノ伴奏を頼まれ、引き受けることに。
その出来事をきっかけに、彼女の心に変化が訪れていく・・・。


70分という、どうも中途半端な時間ながら、きちんとひとつの
物語になっていますね。

秋の真っ赤な生き生きとした紅葉とも違う、晩秋の黄色の葉っぱの
物悲しく思える存在。

女性を意識せずに生きてきたはずなのに、シスターとして
生きていたはずなのに、ふと、更年期を意識することにより、
目覚めてしまう主人公。

ひとつには、それは性でもあり、教会の信者の女の子に生理が始まり、
お母さんの代わりに赤飯を炊いてあげるのですが、あることとだぶり、
なんとも意味深なシーンになっている。



淡々として、音楽も美しく、それはシスターが暮らす日常のよう。

しかし、映画は、シスターは大きく変化していく。

バレーダンサーが踊るシーンであったり、自転車を乗るシーンで
あったりと、ふと男性と手が触れるシーンであったりと、
綺麗な映像に絡ませるあたりは、すごいなあと。


裸やセックスを大胆に描いて、女性の性を描くやり方もありますが、
この映画のような描き方もあるんだと、男性、女性、監督によって、
こうも違うもんだなあと。

風呂場での石鹸のシーンには思わず、にんまりしてしまいました。




主人公のシスターを演じたのが、シンガー・ソングライターの柴草玲。
音楽も彼女が提供していますね。

初々しく、ぎこちなく世間とせっする姿が、なんともいえない
いい存在感を出していました。



ぜひとも、女性に見てもらいたい映画ですが、男性も見ておいて
そんはないと思います。


2時間ほどの長編になれば、どんな女性を、人間を描くのか?

この監督・脚本・編集を手がけた、井上都紀さんに注目ですね。
[PR]
by fyamasan | 2012-02-08 04:16 | 邦画 | Comments(0)