Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

善き人~時代の流れに

こちらの映画も予告編を見た時から、見なあかん映画でありました。

昨年の「黄色い星の子どもたち」や「ミケランジェロの暗号」、
今、公開の「サラの鍵」など、ナチス時代の人々の負の出来事を
描く映画が多いですね。

この映画はユダヤ人は主人公ではなく、ユダヤ人を友人に持つ、
アーリア人の大学教授の葛藤の物語。


映画「善き人」


c0033213_222446.jpg


あらすじ・

1930年代、ヒトラーの台頭でナチ党が権勢を振るうドイツ。
大学で文学を教えるジョン・ハルダーはエキセントリックな妻ヘレンに
代わって幼い子どもたちや老いた母の世話をする善き夫、善き父、
善き息子である。しかし、かつて書いた「安楽死」を描いた小説が
ヒトラーの目に留まったことでジョンの人生は一変する。
党から「人道的な死」をテーマにした論文の執筆を要請され、
それは到底拒むことのできないものだった。


時代が違えば、小説家として、名声を得ていたかもしれない。
自分を犠牲にしてまでも、周りの人に尽くす人であるハルダー。

そんな彼が、やはり時代の流れに逆らえず、ナチスに入党。
長年のユダヤ人の友人からは、絶縁される。
家族や自分を守るために、ナチスに協力し、自身が意外と思えるほど、
大学では学部長へ、ナチスでも出世をする。


c0033213_232267.jpg


前半では、自分を貫くか、それともナチスへ入党することで、
安全を得るかの選択に悩むハルダー。

後編では、ナチスに入党して、それなりの生活(新しい妻も出来)が
出来るも、時代はユダヤ人大量虐殺の収容所送りの最中に巻き込まれ、
なんとか、友人を救いたいと奮闘するハルダー。


ハルダーの葛藤が描かれて、見ていると、なんとも重ぐるしい
時間が流れていきます。
内容が内容だけに仕方ないですが、たまに流れる音楽が癒して
くれますね。

妻との別れ、母との別離など、このあたりの葛藤をもっと見たかった
なあと思います。
このあたりは結構あっさりと流れてました。

あと、ラスト。

このラストからまた、物語は面白くなるのになあ。

でも、更なる悲劇、地獄がハルダーを待ち受けているんだろうと、
思うと、見るのはきついかな。

c0033213_23578.jpg


ヴィゴ・モーテンセンの抑えた演技が良かったですね。
何とか、時代に流されないように懸命に生きる姿が
胸を打ちます。


自分がハルダーの立場なら、どうしたのか?

考えながら見る映画になるでしょうね。
[PR]
by fyamasan | 2012-02-10 02:04 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)