Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ヒミズ~希望とユートピア

話題作ということで、かなり気になってました。
ようやく見てきました。

「冷たい熱帯魚」「恋の罪」と続いての園子温監督の最新作。


映画「ヒミズ」

c0033213_0591439.jpg



15歳の少年・住田祐一は、実家の貸しボート屋に集まる、
震災で家を失くした夜野さん、田村さんたちと平凡な日常を送っていた。
住田のクラスメイトの茶沢景子は、大人びた雰囲気の住田が好きで
猛アタックをかける。疎まれながらも彼との距離を縮めていく茶沢。
ある日、借金を作り蒸発していた住田の父が帰って来た。
金をせびりながら殴りつける父親の暴力に耐える住田。
ほどなく母親も中年男と駆け落ちしてしまい、
住田は天涯孤独となってしまう。



東北の震災後を描いた映画ということもあり、どう描くのか?
違った園映画になるのかなあと。


この映画も感想が難しい。

良かったのか?
面白いいのか?
駄目なのか?

なんとも一言では言えない映画。


エロさは影を潜め、暴力は相変わらずで、人間の醜さ、
カス野郎と呼ばれる卑屈な人間の容赦ない描き方。

でも、希望やエールが感じられる映画でもあったように
思います。


主人公の住田には震災というものが遠くにあり、近くには
カス野郎という、まったくの人間性のカケラもないような、
どうしようもない父親がいて(こいつがたまに金をせびりに
きて、暴力をふるう、とんでもない親父です)、母も母で、
息子よりも自分の将来、生活を考えて、他の男と逃げてしまいます。

そんな現状があるからこそ、震災の悲劇さが、この中学生に
とっては遠い存在のように感じてしまう。

実家のボート屋を営業しないと、生活出来ないという現実があります。


c0033213_103347.jpg



随所に挟まれる震災の瓦礫の山とかした町と、ボートの池に浮かぶ、
流れさてきた一軒家の残骸の映像。


この映像が流れるたび、時間が止まったように感じてしまった。



住田の周りに集まってきたホームレスの人々はどこか滑稽で
懐かしさもあり、ひとつのユートピアのような描き方。

震災ですべてを失った会社の元社長がいう、

「住田さんは未来なんです。僕はその未来に賭けたんですよ」と
いうセリフも胸を打つ。


c0033213_111371.jpg


そして、なによりも、ラストの住田と茶谷のやり取りと
映像には、泣けて仕方無かったですね。


ラスト近くに流れる音楽は映画「プラトーン」のアダージョですね。
ついつい「プラトーン」も思い出しました。



なんとも取り留めない感想になってしまいま、申し訳ないですが。



キャストの染谷将太 二階堂ふみ 


この二人がやはり抜群に良いですね。
二人なくしてこの映画は無かったのでは?と思います。


渡辺哲 吹越満 神楽坂恵 黒沢あすか でんでん 村上淳
といった園映画になくてはならない存在の俳優。

光石研のどうしようもない親父ぶりも良かった。

窪塚洋介もこういう役多いなあ。

チョイ出演の吉高由里子

モト冬樹もダメンズぷりがいいね!
[PR]
by fyamasan | 2012-02-17 01:02 | 邦画 | Comments(0)