Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

秋月記~静かに心に染み入る

歴史小説です。

以前も安住洋子さんをご紹介しましたが、読み終わり、ぜひとも
読んでもらいたいと思い、レビューを書きます。


直木賞受賞作家として、今、本屋さんで、著書が積まれていると
思います。

僕はまだこの本しか読んでいませんが、ほかの作品も早く読んで
いきたいと思います。

早速、「乾山晩愁」を買っちゃいました。
読むのが楽しみです。


「秋月記」 葉室 麟(著)


c0033213_0242257.jpg


あらすじ・

筑前の小藩・秋月藩で、専横を極める家老・宮崎織部への不満が高まっていた。
間小四郎は、志を同じくする仲間の藩士たちとともに糾弾に立ち上がり、本藩・福岡藩の
援助を得てその排除に成功する。藩政の刷新に情熱を傾けようとする小四郎だったが、
家老失脚の背後には福岡藩の策謀があり、いつしか仲間との絆も揺らぎ始めて、
小四郎はひとり、捨て石となる決意を固めるが


縄田一男さんが、

「感動と静謐に満ちた傑作」と絶賛されたいたので、かなり期待して読んでいきました。

九州は筑前の小藩・秋月藩のお家騒動を描く歴史小説。
事実を元に、話を膨らませて、壮大な男・武士の生き様を、または女性の生き様をも
描いています。

藩を良くしたい、秋月藩で生きている人たちの幸せを誰よりも願う、主人公の
間小四郎ではあるが、その願いを叶えるために、一歩、また一歩と出世をする度に、
別の思惑があると思われてしまう。


セリフである、


「政事はどのように行っても、すべての者によいということはないようです」

それでも、自身の信念に基づいて、小四郎は行動を貫こうとする。
それが友を失い、自身の身を危険にさらすとしても。


潔い。

しかし、きちんと策略というより、対処法や緻密な計画も考えている、
清濁を併せ呑む人物でもあります。

このあたりが一筋縄ではない、時代小説におけるステレオタイプの主人公ではない。
そこがまた魅力でもありますが。


刀と刀、白刀の一進一退の攻防の描き方は、力強いアクションを与えてくれますし、
武士同士の陰謀、策略がうごめく世界の描き方も見事でした。

縄田一男さんが、藤沢周平の後は、この作家だと太鼓判を押すだけのことは
ありますね。


ぜひとも、読むべしな時代小説ですよ!
[PR]
by fyamasan | 2012-02-22 00:24 | 読書 | Comments(0)