Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

おばあちゃん、ありがとう~倶会一処(くえいっしょ)

いつもとは違う個人的な内容です。

2月26日の夕方に祖母が亡くなりました。
バイト前に父から、様態が悪くなったと聞いてました。

奈良の実家に帰り、お通や&お葬式などで、バタバタしておりました。

今年に入ってから、言葉も十分にしゃべることも出来ない状態であり、
かなり衰弱してきていたので、覚悟はしてましたが。

大正4年生まれの祖母は、今年の8月で97歳になるはずでした。



c0033213_543741.jpg


97歳ということで、これはもう大往生で、体が元気なら100歳まで
生きられたかもしれませんが、糖尿病が体を蝕んでいたようで、
この2年ほどは自分で体を動かすことが出来ない状態でした。

見ているこちらもつらかったですが、本人が一番悔しかったと
思います。

昨年の11月に見舞いに行った時には、

「映画、頑張りや~!」と言ってくれました。


結婚、離婚、いまだにフラフラと定職につかずに、映画監督を
目指している孫息子には、最後まで心配だったんでしょうね。

ほんまに、最後までおばちゃん孝行せずに、申し訳ないです。

いつか、祖母のお墓の前で良い報告が出来るように、頑張らないと
いけないですね。

棺おけに横たわる祖母は、とても綺麗な顔をしていました。
見た目にはちょっと寝ている感じで、すぐにでも起きそうでした。

今はまだ、祖母が亡くなったという現実感がありません。

これから、何かの時に、祖母を思い出し、その喪失感を感じるんで
しょうね。

お通やでは、両親と、祖母が眠る本堂で、一夜を明かし、
火葬され、祖母の骨を拾ったり、何十年ぶりに会う親戚の人たちなど、
感傷めいたこの数日でした。


c0033213_5443899.jpg



僕の祖父は30代前半で、太平洋戦争で、命を失くしています。

その祖父と祖母は、ようやく再会出来たんですね。

お寺のお坊さんが言ってましたが、

「仏教では、倶会一処(くえいっしょ)という言葉があり、
それは、浄土教の往生の利益の一つ。
阿弥陀仏の極楽浄土に往生したものは、浄土の仏・菩薩たちと一処で
出会うことができる」


おばあちゃん、ほんまにありがとう。
何も出来なかったけど、おばあちゃんに言われた言葉を思い出し、
頑張っていきます。

ゆっくりと休んでください。




写真は、95歳の誕生日の祖母と、僕が小学校4年生かな?
祖母と一緒に四国旅行に行ったときのものです。
[PR]
by fyamasan | 2012-03-03 05:45 | その他 | Comments(0)