Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

アニマル・キングダム~タラちゃん、絶賛のクライム・サスペンス

あのタランティーノが、年間ベスト3に選んだということも
あり、かなり気になっていました。


映画「アニマル・キングダム」


c0033213_1554667.jpg


ストーリー:
メルボルンに暮らす17歳の少年ジョシュア(ジェームズ・フレッシュヴィル)は、
母親の突然死により祖母ジャニーン(ジャッキー・ウィーヴァー)の家に
引き取られる。しかし、その家の家族たちは凶悪犯罪で生計を立てる
ならず者ばかりで、祖母自身が裏ですべてを仕切っていた。
やがてジョシュアは、一家の壊滅を狙う警察と家族のきずなとの間で
板挟みになっていく。


実際の事件をもとにストーリーが作り出されて、なんとも緊迫感ある映画
ではあります。

しかし、見ていてつっこみどころが多くて、僕は少々、消化不良気味に
なりました。

ネタばれもあるので、これから見る方は注意してください。


c0033213_1561186.jpg


まず、この犯罪一家がかなり、落ちぶれていて、それほどの影響力がないと
いう現実。

ここまで警察が乗り込むほどの力をもう持っていないはず。

主人公には彼女がいます。
この彼女の親が娘の付き合う相手に対して、注意しなさすぎ。
昔から犯罪で生活している一家と付き合っているのに、なんで?

それと一番?だったのが、一番重要である、主人公が、自分の安全を
取るため、警察を選ぶのか、それとも、家族を守るかで、悩む場面。

ここでの心の揺れ、葛藤をもっと描いて欲しかった。

結論はなぜ、そうなったのか?

このあたりもなんともぼやけていて、僕にはどうも釈然としませんでした。

c0033213_1562485.jpg


言葉少なめで、表情もあまり変えない主人公の心情はよく伝わって
くるので、もっと激しい葛藤があれば、入り込めたと思います。

設定が面白いだけに、僕にはもったいない気がしました。

犯罪一家のボス、グランドマザー、ジャニーンを演じた
ジャッキー・ウィーヴァー、圧巻の演技でした。
[PR]
by fyamasan | 2012-03-09 01:56 | 映画 | Comments(0)