Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

人生はビギナーズ~祝、アカデミー助演男優賞!

今年のアカデミー賞で、見事、助演男優賞に輝いた、
クリストファー・プラマ―。

なんと、御年、82歳であります。


人間、本当に、あきらめないで続けておくと、大きな花を
咲かせるんですね。

映画「人生はビギナーズ」


c0033213_3493080.jpg


あらすじ・

「私はゲイだ」。44年連れ添った母に先立たれた父ハルの突然の告白。
若々しいファッションに身を包んで年若い恋人を作り、癌を告知されても
尚新たな人生を謳歌する老いた父に38歳で独身のオリヴァーは戸惑う。
慎重な性格が災いしてか、心を許せるのは愛犬アーサーだけ。
そんな一人息子に父は素直に愛し愛されることの素晴らしさを教えようとする。
やがてオリヴァーは運命の女性アナと出会い恋に落ちるのだが…。


なんとも淡々として、いつの間にか終わってしまっているという
感じで、終わっちゃいましたね。

設定が面白いだけに、なんかもったいないなあ。

ゲイであることを告白し、妻が居たときよりも若返ったような
父親を、達者な演技で見せてくれプラマーがやはり凄い。

そんなに登場シーンが多かったわけでもないので、そんだけ
存在感がありました。


自分の息子と同じくらいの恋人も出来て、今がこの世の春とばかりに
謳歌しています。


c0033213_3494673.jpg


でも、肝心の主役である、オリヴァーがなんともパッとしません。
いつまでも、ウジウジと、なんともよく言えば慎重、悪く言えば、
前に進もうとしない。

今、流行の草食系ですね。


そんな彼にも、綺麗な女性が現れるわけで、ほんと、人生は
分からない。

オリヴァーの成長なり、もっと葛藤なりがあれば、良かったのですが、
なんとなく進んで、なんとなく終わったという印象ですね。


ただ、父が飼っていた、その後、オリヴァーが引き続き飼うことになる、
犬のアーサーが良いですね。


c0033213_3501148.jpg



しゃべりませんが、考えていることが、字幕で出ます

意外と冷静に考えているのが、笑えます。

犬を飼ったことはないですが、飼いたいと思うので、
飼ったら、名前はアーサーですね。
[PR]
by fyamasan | 2012-03-10 03:51 | 映画 | Comments(0)