Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ロボジー~ロボ、ジイ?

新作が公開されるのが、楽しみな監督の一人が、矢口史靖。
「スイング・ガールズ」以降、監督の絵コンテの本も出版されるので、
絵心がない僕はそれを見ながら、自分の絵コンテの参考にしています。


人間が入っているロボット?

最先端のロボットなのに、ロボジーって?


映画「ロボジー」


c0033213_5222953.jpg


あらすじ・


家電メーカー、木村電器の窓際社員、小林・太田・長井の3人組は、
ワンマン社長から流行の二足歩行ロボットの開発を命じられていた。
近く行われるロボット博での企業広告が目的だ。
しかし、ロボット博まであと1週間というところで、制作途中の
ロボット“ニュー潮風”が木っ端微塵に大破!
窮地に追い込まれた3人は、ロボットの中に人間を入れて誤魔化す計画を立てる。
ロボットの外装にぴったり収まる人間を探すため、
架空のオーディションが開かれ、仕事をリタイアして久しい独り暮らしの老人・
鈴木重光(73歳)が選ばれる。
しかし、この鈴木がとんでもないジジイで……。
さらには、“ニュー潮風”に恋をしたロボットオタクの女子学生・
葉子も巻き込み、事態は思わぬ方向



ありえない話ですが、すんなりと「ロボジー」の世界に
引っ張り込む。

大笑いはそんなに無かったですが、クスクスと笑えた。
安心して見れたコメディです。

安心感があるからか、突き抜けた笑いが欲しいなあとも、
欲を言えば、思えてきます。

このほんわりとして、味わいあるコメディ。
これはこれで良いのですが、ガラッと変わった、矢口ワールドも
次に見てみたくなりますね。

主演のロボジーを演じた、ミッキー・カーチス改め、本名の
五十嵐信次郎が良いですね。

c0033213_5232963.jpg


200人以上のお年寄りをオーディションしたとのことですが、
病気やなんやかんやで、確実に撮影に来れる人がものすごく少なかったと
聞きました。

孫たちにカッコいいところを見せたいと、ニュー潮風となって
現れるシーンなどは、おじいちゃんの心意気を見せてもらった
感じです。


c0033213_523294.jpg


ロボットオタクの女子学生を演じた吉高由里子も、やはり少し飛んでる
キャラをやらしたら、ピカイチですね。

矢口映画の常連俳優の出し方も上手いし、チョイ役で、色々な人が
出ていますね。


ロボットの正体がいつ、ばれるのか、というハラハラ感が少なかったのと、
窓際族トリオのキャラで同じだったりと、色々な突っ込みは入りますが、
「面白かったねえ」と映画館を出た後には感じるはず。
[PR]
by fyamasan | 2012-03-14 05:24 | 邦画 | Comments(0)