Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ホーボー・ウィズ・ショットガン~R・ハウアーは死なず!

DVDの発売が4月20日となっていますので、もう少々です、
まあ、B級映画、OR タランティーノ&ロドリゲス映画が好きな
方には、お勧めですが、エロ&グロ満載なんです。

ゆえに、、一般的にはあまり、受け入れられないかなあ思います。

アクション映画ファンには伝説的なルドガー・ハウアーが出ているので、
それを見るだけでも、価値ありかも?


映画「ホーボー・ウィズ・ショットガン」

c0033213_3142927.jpg


あらすじ・

列車に無賃乗車して、街から街へとさすらう初老のホーボーがひとり。
仕事を求めて新たな街ホープタウンに降り立った彼を待っていたのは、
犯罪組織のボス、ドレイクが牛耳る暴力と混沌に支配された世界だった。
彼は立ち寄った店で、買い物をする親子を襲う強盗たちを、
反射的に射殺。それをきっかけに悪に立ち向かう決意を固める。
ドラッグの売人、ポン引き、児童性愛者など、ホーボーは街のダニ共を
血祭りに上げていく。これで街の犯罪は一掃されるかと思われたが…。
悪徳のホープタウンに血の雨が降る!


まあ、ストーリーはあってないようなもの。
勧善懲悪とまでは言いませんが、悪い奴はめちゃめちゃ、ひどい悪
ですね。

そこに正義のヒーロー登場となるのですが、このルドガー・ハウアー
演じる主人公は、ホームレスで、年寄りで、最初は危険なことから、
遠ざかってました。

ですが、ひとりの売春婦と出会うことで、正義の心が目覚め始め、
マシンガンを片手に、悪をぶっ殺すという展開になります。

かなり残酷なシーンも満載。
オープニングから、いきなりですので、要注意。

c0033213_3144713.jpg


ながら、ちょっとしたラブロマンスも入れたりと、メリハリ
効いていますね。

処刑ライダーや、北斗の拳に出てきそうな、鉄火面の殺し屋も
出てきたりと、B級映画の「『グラインドハウス』直系の
バイオレンス・アクションの王道でしょうか!


もともとは、タランティーノとロドリゲスの「グラインドハウス」
シリーズのフェイク予告編コンテストでグランプリを勝ち取ったことから、
映画化が始まりました。

最初が、「マチューテ」です。

c0033213_31919100.jpg


まあ、タランティーノとロドリゲスというブランドで、世界配給が
出来るんですから、このブランド名はやはりすごいですね。

Tシャツも売っております。


c0033213_315102.jpg

[PR]
by fyamasan | 2012-03-17 03:19 | B級の館 | Comments(0)