Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

昼下がり、ローマの恋~モニカ様~

「イタリア的、恋愛マニュアル」の監督の最新作と聞いて、期待満々でした。

モニカ様に、デニーロも出るとあっては見逃せないですね。


映画「昼下がり、ローマの恋」

c0033213_3571072.jpg


ストーリー:

元歴史学教授のエイドリアン(ロバート・デ・ニーロ)は、離婚をして
親友が管理人を務めるローマのアパートで暮らしていた。
ある日、エイドリアンは親友の娘でフランス帰りのビオラ(モニカ・ベルッチ)
と語り合ううちに彼女に恋をしてしまう。
彼は7年前に心臓の手術を受けて以来、心臓を気にするが余り、感情的に
ならないよう務めてきたが、自分の気持ちに正直になることで人生は
豊かになるのだと悟り……。


恋することは素晴らしい。

普通では照れて、なかなか言えませんが、この映画を見た後なら、
素直に言えそうですね。


青年の恋。
中年の恋。
熟年の恋。

3つの恋愛モノが微妙な絡みを見せます。

距離を置いて分かる恋もあれば、冷めていくことを実感するような
恋もある。


c0033213_3574580.jpg


でも、人は恋している時には、それだけで幸せなんだ。

単純だけど、なかなかその時には気づきにくいですが。

「青年の恋」では、婚約中なのに、出張先で、セクシーな魅力的な
女性と出会い、心、動かされる主人公。

「中年の恋」では、遊びのつもりが、ストーカーだった女性から、
えらい被害をこうむる中年男の無残な姿。

でも、笑える、笑える。


「熟年の恋」では、待ってましたの、モニカ様とデ・ニーロの競演。
年齢差なんて、気にせずに、恋することの難しさ、嬉しさなどが、
スクリーンを通して、伝わってきますね。

男が主人公の男目線かな?

でも、よく考えると、男のだらしなさ、情けなさ、アホさが目に付く。

逆に女性のすごさ、素晴らしさが分かるような。

c0033213_3581677.jpg



結婚前のカップル。

結婚している夫婦。

熟年の夫婦。

など、様々な世代の男女が見ると、また印象が違うでしょうね?

自分たちならどうなのかなあ?


まあ、映画ゆえに上手く行き過ぎますが、そこは映画ということで。

見た後は、恋バナ(死語?)したくなりますね!



久しぶりにトキメキ欲しいですね!



こういう映画見て思うのは、やはりイタリア、舞台となる街に行きたく
なります。

僕としても大阪に来てもらえるような、そんな映画も撮りたいし、
撮っていかなくては、とも思います。
[PR]
by fyamasan | 2012-03-31 03:58 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)