Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ヒューゴの不思議な発明~これも映画愛

映画「アーティスト」の余韻がまだまだ残っていますが、
こちらの映画もひとつの「ニューシネマ・パラダイス」でしょうか?

オスカー監督となったM・スコセッシ監督の初3D作品。

偶然にも、「アーティスト」と同じ、1930年代の話。

舞台はフランスになりますが。


映画「ヒューゴの不思議な発明」

c0033213_0442549.jpg



あらすじ・

1930年代のパリ。
駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)の
唯一の友達は、亡き父が残した機械人形だった。
壊れたままの人形の秘密を探る過程で、彼は不思議な少女イザベル(
クロエ・グレース・モレッツ)とジョルジュ(ベン・キングズレー)に出会う。
やがてヒューゴは、機械人形にはそれぞれの人生ばかりか、
世界の運命すらも変化させてしまう秘密があることに気付き……。


3D映画ながら、3Dで見ることが出来ませんでした。

これは3Dで見たかったなあと思う、シーンも多かったので、
2Dで見たのが残念でしたね。

タイトルの「不思議な発明」とは? よりも「不思議な出会い」に
なるんじゃないかあと。

パリなのに、英語って?
こちらも不思議な感じでしたが、まあ、それなりにすんなりと
見ていましたが。

c0033213_045978.jpg



リュミエール兄弟から生まれた映画。
その創世記に活躍した、メリエスへのスコセッシの映画愛。


父を亡くした、ヒューゴは父が見つけてきた不思議な機械人形の修理法に
情熱を燃やす。

一方、映画への情熱も冷め、ただ日々を暮らすだけの老人になった
ジョルジュ・メリエス。

奇妙な出会いから、不思議な物語が始まる。

ヒューゴがメリエスの養子の娘イザベルと、映画館にこっそり
入り、スクリーンを見つめるシーンも良かったです。

映写機から溢れる光が、希望の光のようにも思えてしまう。

「ああ、面白かったなあ」で終わる映画が多い中、
スコセッシ映画は、映画について、色々なものを考えさせてくれます。

c0033213_0454058.jpg


このシーンはどういう意味だろうか?
なぜ、主人公はこう行動するのか?

不思議で奇妙な、映画愛に満ちたスコセッシ映画。

また、何度となく見てみたいです。
[PR]
by fyamasan | 2012-04-17 00:45 | 映画 | Comments(0)