Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

ももへの手紙~大事な見えないモノ

映画は見ているのですが、つぶやきはしていますが、なかなか日記に書けず
じまいです。

まあ、ぼちぼちと書いていきます。


この映画、子ども連れの大人も多かったですね。

僕は大いに泣いてしまいましたが、


映画「ももへの手紙」

c0033213_14585660.jpg


あらすじ・

小学校6年生のももは、夏のある日、母に連れられ瀬戸内海に浮かぶ
汐島に向かっていた。父を突然の事故で亡くしたももは、
母のいく子がかつて暮らした島に引っ越してきたのだ。
喧嘩をしたまま、仲直りする間もなく父と永遠の別れが訪れたため、
ももは心の中にわだかまりを抱えたままだった。
瀬戸内の穏やかな風景の中で新生活を始めたももの身の回りで、
やがて奇妙な事件が起こりはじめる。
そして突然3人組の妖怪が現れて…。


ちょうど、この映画を見た同じ日に、「HOME~愛しの座敷わらし」を
見たので、同じ妖怪を扱った映画で、アニメと実写の違いはありますが、
どちらもユーモアありのヒューマンドラマでした。

父との最期が、喧嘩別れしているのが、ずっと引きずっていたもも。
父が、最期に書いていたいた手紙が、「ももへ」で終わっており、
何を書きたかったのか、ずっと考えていた。

慣れない新しい生活の中、他の人には見えないモノが見えて、
ももは自分がおかしくなったのかと。


c0033213_14593043.jpg


妖怪三人組、イワ、カワ、マメは、見守り隊といって、ももの父が
天国に行くまでの間は、父がももや母を見守れないので、
代わりに守るというもの。

この妖怪三人組、元々は偉い神様だったらしいが、今は落ちぶれて
いるとの設定。

西田敏行が「イワ」、 山寺宏一が「カワ」 、チョーが「マメ」の
声をしていて、これがまた面白い。

ももとの絡みも楽しくて、大いに笑わせてもらいました。

愛する人を亡くした喪失感。
時間がうめていってくれるのだけども、この目に見えない奇妙な
妖怪との交流も、ももの気持ちを和らげてくれるのだ。


c0033213_14594897.jpg


以下、公式HPからの抜粋ですが、


「 映画に登場する「汐島」は、広島県呉市の大崎下島(大長・御手洗)を
中心に竹原や鞆の浦、今治など瀬戸内海の風景を取り入れて描かれた
架空の島です。 以前から、瀬戸内海の各地に興味を持ち旅行経験のあった
沖浦監督は「映画にふさわしい舞台」「映画を見た後に実際に
訪れたくなるような場所」として舞台のモデルにすることを決めたそうです」


アニメを見ても、この舞台となった島に行きたくなりました。
昔の情緒ある風景に、和みます。


c0033213_14583785.jpg


機会があれば、ぜひとも、広島、瀬戸内のこのあたりを訪れたいですね。

ひと夏の少女の心の成長を、さわやかに描いています。

ぜひとも、映画館で見てもらいたいです。

主題歌が、原坊が歌う、「ウルワシマホロバ~美しき場所~」
これもまた、癒されますね。
[PR]
by fyamasan | 2012-05-01 15:00 | 邦画 | Comments(0)