Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

孤島の王~大人の理不尽さ、少年の怒り

なかなか見ることが出来ない、北欧映画。
しかも内容が暗く、有名俳優も出ていない映画となると、
興行も苦しいだろうなあと思います。

こういう映画こそ、たくさんの人に見てもらいたい。
気軽に見れる映画もいいけど、じっくりと感じて考えさせる
映画もどうでしょうか?


実話をベースに映像化。


映画「孤島の王」



c0033213_1574820.jpg


あらすじ・

1915年、ノルウェーのバストイ島に元船乗りの少年エーリングが
送還されてきた。この島には非行少年の矯正施設があり、院長の
厳格な指導のもと、過酷な環境下で少年たちが暮らしていた。
反抗的なエーリングのお目付け役に、卒院が近い模範生のオーラヴが
命じられるが、エーリングは着々と脱走の準備を始める。
性格も考え方も異なる2人だが、次第に心を通わせるようになっていった。
そしてエーリングは脱走するが…。


映画の印象でいえば、「陰」です。

しかも、舞台は寒いノルウェーのある島。
内容は非行少年の矯正施設の話。

看守が性的虐待をしたり、少年たちは番号で呼ばれ、過酷な労働もある
施設の話で、かなりのネガティブな話。

でも、でも、惹きつけられる。

雪も降る過酷な自然だが、美しく見える。

c0033213_1581956.jpg


北欧を舞台にしているというだけで、その孤独感、閉塞感を
感じさせる映像。

しびれますね。



過酷な現状でも前向きに脱走を試みる、エーリングは、
「暴力脱獄」のポール・ニューマンのような陽気さも感じる。
タフさと意外な優しさもあり、これが優等生なオーラブにも影響を
与えます。

孤島のように閉ざされた施設の少年たちには、明日への希望もなく、
ただ、毎日、この島を出ることが、生きがいになっている。

しかし、エーリングが来た事により、毎日の暮らしが少しずつ変わっていく。


c0033213_1584197.jpg


映画はクライマックスで大きな事件が起き、ラストの映像、展開も
かなり衝撃的。

う~んと一筋縄ではいかない映画が、ここにもあった。



何度も語られる「鯨の話」。
これが何を表しているのかは、見る人によって変わると思いますが、
皆さんはどう感じるでしょうか?



映画は大絶賛なのですが二つ隣のおっさんが、ビールを飲んでいるは、
つまみの匂いが強烈で、最悪な環境でしたね。

僕も長いこと、映画館で映画見ていますが、ビール飲んでいる客は
初めてで、びっくりしました。

自分の家じゃないんだから、もう少し考えようよ。

ビール飲んで、気軽に見る映画ではないのですがね。
[PR]
by fyamasan | 2012-05-22 01:58 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)