Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

フライペーパー! 史上最低の銀行強盗~騙されるな

レイトショー公開というのが、なんとももったいないなあ。
シネコンで同じ映画を上映するのを辞めて、ぜひとも、上映を
拡大してもらいたいと、切に思います。

素直に笑って、どんどん引き込まれましたね。

映画「フライペーパー! 史上最低の銀行強盗」

c0033213_325817.jpg


あらすじ・

とある銀行の窓口係ケイトリン(アシュレイ・ジャッド)が
風変わりな客のトリップ(パトリック・デンプシー)を応対していたところ、
2組の強盗が同時に銀行を襲撃してきた。
間もなくセキュリティーシステムが作動し、ほかの人質たちも銀行の外に
出られなくなってしまう。トリップが間に入り銀行強盗たちはそれぞれ金庫と
ATMの金を分け合うことにするが、トラブルが続出し……。


笑ろた、笑ろた。

映画「『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』の
脚本家コンビ、ジョン・ルーカスとスコット・ムーアと聞いていたので、
ある程度の面白さは想定していましたが、今回はさらにミステリーの
要素も入ってましたね。


c0033213_3253548.jpg


普通といえば、おかしいが、よく見る銀行強盗のグループと
ちょいっと頭の悪い銀行強盗グループが鉢合わせ。

そこにたまたまいた人物が、意外な人だったり、癖のある銀行員たちとの
強烈な絡み具合。

なぜ、銀行強盗が鉢合わせになるのか?

登場人物も多いですが、それぞれ個性豊かに描かれていますし、
もうこれ以上はネタばれになるので、言えませんが、ラストも
思わず、ニヤっとしてしまった。

c0033213_3255668.jpg


おバカ映画もたまについていけないこともありますが、この映画は
大丈夫でした。

なんの情報もなしで、見た方が、面白いと思いますよ。

ジョン・ルーカスとスコット・ムーアの脚本の次回作に、
また期待ですね!
[PR]
by fyamasan | 2012-06-27 03:26 | 映画 | Comments(0)