Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

死刑弁護人~最後の最後まで

東京をはじめ、上映会場では盛況振りをみせているようで、
ミニシアターファンとしては嬉しいです。

この映画、いっそのこと、シネコンで上映してもいいのでは?
と思ってしまいました。


映画「死刑弁護人」

c0033213_2133878.jpg



内容・


真実を追求することで、本当の反省と贖罪(しょくざい)が生まれると
いう理念のもと、死刑事件の裁判を数多く担当してきた弁護士の安田好弘氏。
「人殺しを弁護する人でなし」といったバッシングを受けるだけではなく、
加害者の悔恨と被害者の悲嘆を目の当たりにすることによる苦悩、
家族と一緒に過ごすことのできない常軌を逸した忙しさなど、
厳しい状況に置かれながらも、彼は弁護士という仕事を全うしようとする。
そんな中、顧問を担当していた不動産会社に対し資産を隠すよう
指示したとして、強制執行妨害の容疑で身柄を拘束されてしまう。



熱い男の生き様見せてもらいました。
学生運動の学生が就職もせずに、司法試験に受かるために、バイトしながら
勉強。30歳でようやく弁護士に。

そして、他の弁護士がしり込みする事件を多く扱うようになる。

ただ、事件の解決だけではなく、真実を追究したい。
なぜ、こんな事件が生まれたのか?
なぜ、加害者はこんな事件を起こしたのか?

本当の反省と贖罪がない限り、事件は解決していないと、ぶれない
信念で弁護活動を続けている。

c0033213_2141191.jpg


マスコミの怖さはバッシングとなり、世論の怖さは、真実を捻じ曲げられて
しまうこと。

和歌山のカレー毒物事件は、林被告を犯人ずける証拠や根拠には多くの
疑問や矛盾点があり、死刑が決まっている林被告にとって、時間がない。

オウムの麻原や光市の母子殺害事件のように、なぜ、そんな加害者を
弁護するのか?

被害者の気持ちを考えないのか?

そんな気持ちを持つ多くの人からの、非難の手紙や警告文などが届く。

しかし、真実を求めたい、その揺ぎ無い信念を持つ安田弁護士には、
やり方を変える気はない。

「死刑囚を弁護するということは、葬儀まで付き合う、最後まで
付き合う覚悟がないと、出来ない」

それゆえ、多くの想いを背負うことになる。


明らかに権力の圧力とわかるものと、戦う安田弁護士。

臭い蓋を開けられたくないものは、ますますその圧力を強めるだろう。

c0033213_2143664.jpg


自身の死が来るまで、弁護活動を続けるであろう、安田さんの
最後の最後まで、その姿を見てみたい。

居酒屋でハイボールを手に談笑する姿は、普段の緊張感溢れる
姿と違って、とても人間くさくてよかったです。
[PR]
by fyamasan | 2012-08-24 02:14 | ドキュメンタリー | Comments(0)