Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

あなたへ~健さんの熱い想い

こちらもかなり前になりますが。

母親が昔から高倉健さんのファンだったので、
一緒に見ようかと誘ったら、先に見ていました。

近所の仲のよい、おばちゃんたちと見に行ったとのことでした。

御歳80歳。

もう人間国宝級になった健さんの渋さ。


映画「あなたへ」

c0033213_202499.jpg


あらすじ・

北陸の刑務所で指導技官として勤務する倉島英二(高倉健)の
ところに、亡くなった妻・洋子(田中裕子)が生前にしたためた
1通の手紙が届く。そこには故郷の海に散骨してほしいと
書かれており、英二は洋子が生前には語らなかった真意を知るため、
車で彼女の故郷・九州へと向かう。
その道中で出会ったさまざまな人々と交流するうちに、
妻との思い出が頭をよぎり……。


平日の昼間ですが、満席状態。
ほぼ、客層は中年以上の女性。
僕の母もこの一人だったんだなあと。

つくづく健さん人気のすごさにびっくりする。

まだ、こんなにもお客さんを呼べる力があるんだなあと、
あらためて感じましたね。

c0033213_204593.jpg


設定は60歳前後の役なので、ちょっと今の健さんでは
厳しい感じでしたが(回想シーンは特に)、でも、
スクリーンに健さんが出ると、そんなことはどうでも
よくなってきますね。

そこに健さんがいるだけで、絵が、映画になる。

僕が思うに、キムタクは健さんを目指すべきかなと。

何をやってもキムタクと言われるんなら、絶対的なキムタク像を
作ればと思います。

道中で知り合う人たちが、またいい人たちで、いい話です。


c0033213_21578.jpg


ビートたけしも出てきますが、もうすぐ公開の
北野武監督の「アウトレイジ・ビヨンド」の続編(パート3)に
健さんの出演が噂されますが、悪役の健さんも見てみたいですね。


孤高の俳優の次はどうなるのか?
[PR]
by fyamasan | 2012-09-25 02:01 | 邦画 | Comments(0)